タチウオの名人仕掛け

タチウオの釣りは非常に人気があります。これは太刀魚釣りは、適当に手軽で簡単で、適当に引きも強ければ、適当に釣れて来るのがその一番の理由だと思います。(食べるのも最高ですし・・・)

とまあ、適当とあえて書いてますが、それでも上手な人は数の出し方が違います。隣は3匹しか釣ってないのに、名人に掛かると10本以上持ってる!こう言う事はよくある話なんですね。

そこで当サイトならでは有力情報!名人のタチウオ仕掛け(ウキ釣り用)を入手しました!これを公開しますので、どうぞ頑張ってタチウオ、爆釣しちゃってくださいね♪

icon

食い込み重視のタチウオ仕掛け

タチウオのウキ釣り用・名人仕掛けタチウオと言う魚は、見た目とは対照的にエサを取るのが下手な魚といわれています。

怪獣みたいな顔をしていれば、クチは避けて歯はギザギザ・・・(目んタマギョロリ・・・汗)、キビナゴくらい一発で食い込みそうですが、ある程度食い込みを考えた仕掛けを使用しないと、当たっても中々上手く針に乗ってくれないのがこの釣りの特徴ですね

このため手返しを重要視すれば、引き釣りようのテンヤで、引っ掛けるようにして数を出す方が手っ取り早いのは間違いないです。客観的に判断して、ウキ釣りは手返しが悪い!、こう思います。

しかしながら、タチウオのウキ釣りは面白いです。

だいたい電気ウキが闇の水中にユラユラと消えていく様は、釣りをしている物にとっては快感以外の何物でもない!こう思います。

それゆえに私は電気ウキの釣りにこだわってタチウオは狙いますが、ここに紹介する名人仕掛けを使用したところ・・・

まあ、数の出方がチョット変わったように思います。(^◇^)
(20とか30とか・・・)

ではこの仕掛けの細部を見ていきましょ。

タチウオのウキ釣り名人仕掛けこの仕掛けの特徴は、とにかく使用してるラインが細めです。モトスとワイヤーリーダーに分かれてますが、モトスは3号のフロロカーボン、ワイヤーリーダーはおそらく48番だと思います。これは食い込みを重視している事は明白です。

使用している針はチョット種類は解らないですが、チヌ針の5号程度の大きさで、特徴としては、ひねりが入っていて、針先が若干ねむり気味です。(内側を向いているって事です)

まあ、この針は適当な物で十分だと思います・・・(そこまでシビアとチャウでしょう?)

ワイヤーリーダーは10センチ程度で、中心付近に孫針がついてます。

孫針の結束は、ワイヤーリーダーにゴムチューブを通して固定して、外側から孫針を赤いセキ糸で固定してます。まあ、赤はこの手のフィッシュイーターには効果がある色とされてますから、この辺りは一般的な釣り情報の通りです。

仕掛けの全長は50cm程度、モトス部分にはケミホタルを使用しますが、あまり光力が強い物を使用しないのがコツと聞いた事があります。

具体的には16時ごろに現場に到着して、直ぐに道具を組み立てますが、一番最初にケミホタルを折って発光させておけば、一番時合いになりやすい18時前後には丁度良い光力になっているとか・・・

仕掛けだけ名人仕掛けを真似ても、中々上手く行かないかも知れないですが、ケミホタルの光力やその他の情報など、複合的に合わせて釣りに臨めば爆釣も近い!こうも思います。

私自身もヤジロベー(まだ売ってるかな?)よりも、圧倒的に孫針仕掛けで実績を出してきましたが、この仕掛けは触った感じで食い込みの良さが伝わるような仕掛けです。

全体的にソフトな感じで作るのがコツだと思います。

防波堤からのタチウオ釣り

防波堤のタチウオ釣りは非常に人気のある釣りですが・・・

タチウオのウキ釣り

防波堤のタチウオはウキ釣りで狙うと釣趣があってめちゃ面白いんですが・・・

タチウオの引き釣り

手返しの良いタチウオの引き釣り、夕マヅメはこれが良いかも・・・

タチウオの名人仕掛け

食い込みの抜群に良い、タチウオの電気ウキ釣り用の仕掛けを公開!