タチウオの引き釣り

タチウオの引き釣りは時合いの短い防波堤のタチウオ釣りにあって、非常に理に適った釣りであるといえます。数を出すには最適の釣りであると言えると思います。

この釣りは非常に簡単な釣りであることは間違いないですが・・・
それでも、よく釣る名手と呼ばれる人と、一般のアングラーさんとではやっぱりチョット違うようです。

詳しく解説してみましょう

icon

タチウオ・引き釣りのキモは?

タチウオの引き釣りフィールドウキ釣り同様にタチウオの時合いは夕刻のトライライトタイムに集中します。なんと言っても手返しが重要であることは、誰が考えても分かる事ですね。

この釣りで難しい事は・・・(ってそう難しい物でも無いですが)、やはり「タナの取り方」、これだと思います。

日があるうちから始めますが、明るいうちは遠投に分があります。で、暗くなってきたら、徐々に手前のほうを探る!
こういう感じで釣るわけですが・・・

当たり前ですが、タナ取りをテンヤが着水後カウントダウンで取っていきます。

遠投をした場合と、手前を狙う場合とでは同じレンジ(捕食層)に狙いを付けるとしても、遠投した場合はカウントをやや多めに、手前を狙う場合はカウントをやや少なめにと、海況や風の具合、それに使用しているテンヤのオモリの重さ、道糸の抵抗等を考慮してレンジを探っていかないとダメです。(まあそんなに難しい事言わないでも、適当でも釣れるには釣れますが・・・汗)

まあ、せっかくのインターネットの釣情報ですから、ややこしい事も書いてますです、ハイ・・・(^◇^)

使用するロッドはなんと言ってもシーバスロッドが使いやすいです。スピニング仕様で3.3m前後のもの、それに遠投が利くようにスピニングリールを装着してください。

道糸はアタリが取りやすいようにPEラインの使用がベストで、号数は3号以下でOKです。

タチウオテンヤのサイズは大がベストですが、シーズン当初で小型が中心の時は少し小さめのサイズを選択しても良いと思います。

エサはドジョウを使います。番線でシッカリと巻き付けて、外れないようにしておきます。余談かも知れないですが、ドジョウのエサが品切れになったときは、タチウオの尻尾部分を切り取って付けてやると、適当に光ってくれて感じが良いです。エサ切れになると言う事は、それだけタチウオの活性も高い事が予想されますから、尻尾で数を釣る事も出来ます。

  1. 投入
  2. カウントダウン
  3. リトリーブ(リールの巻き取り)
  4. 巻き取りを止めてテンヤをフォーリングさせます
  5. 再び巻き取りを開始します。

タチウオはエサを取るのが下手な魚です。しかも泳ぐスピードは大したことがありません。ゆえに、リトリーブはゆっくり目にやること。仕掛けを止めて落ちる途中で食いが立つ事が一般的です。この辺りを注意しながら釣りをされると良いと思います。

タチウオは真っ暗になると、上ずる傾向もあります。辺りが真っ暗になったら、カウントダウンを少し少なめにして、上の層も引いてみると良い事があると思います

防波堤からのタチウオ釣り

防波堤のタチウオ釣りは非常に人気のある釣りですが・・・

タチウオのウキ釣り

防波堤のタチウオはウキ釣りで狙うと釣趣があってめちゃ面白いんですが・・・

タチウオの引き釣り

手返しの良いタチウオの引き釣り、夕マヅメはこれが良いかも・・・

タチウオの名人仕掛け

食い込みの抜群に良い、タチウオの電気ウキ釣り用の仕掛けを公開!