防波堤からのタチウオ釣り

タチウオ釣りは晩夏から初冬に掛けて大阪湾の各防波堤の半夜釣りで楽しむ事が出来る人気のある釣りのひとつです。ギョロっとした目つき、避けた口に鋭い歯、それに銀色に光る魚体、まるで怪獣のような姿かたちですが、その姿からは想像も出来ないような淡白で上品な味をしています。釣り物としては人気が高いのはご存知の通りです。

釣り方やポイントの見定め方等、タチウオを釣るためのテクニックは数多くありますが・・・

icon

タチウオ釣りの豆知識

防波堤からのタチウオ釣りタチウオは本州中部以南、全世界の温帯・亜熱帯に分布して生息する回遊魚の一種です。沿岸のやや深い泥底に大きな群れで住み、イワシ、イカナゴなどを下から襲って食べるフィッシュイーターです。

長距離を泳ぐ時は横を向いて泳ぐそうですが、獲物を狙う時などは主に立って泳ぐ事が特徴の一つ。また銀色に光る魚体は刀に似ている事。

この二つのどちらかが「タチウオ(太刀魚、立魚)」の名前の由来と言われています。

防波堤には秋口から初冬にかけて産卵のため接岸してきますが、もちろんこの時が釣期になります。この魚はフィッシュイーターで夜行性のため、昼間は深いところにいて夜になるとエサを求めて表層付近にまで上がってきます。

港周りの灯りに集まる小魚は絶好の太刀魚のターゲット、当然防波堤から小魚をエサにしたり、疑似餌(ルアー)で小魚を演出してやると、比較的容易に釣りきる事ができます。

タチウオは意外と泳ぐスピードは無く、エサの取り方も下手です。このため、ウキ釣りなどではウキが沈み始めても10カウントくらい数えてから合わせを入れたり、ドジョウを使ったテンヤ釣りなどでは、あまりリトリーブ(リールの巻き取り)を早くすると、食いが悪いです。(ルアーも一緒)

レンジ(捕食層)は一定ではなく、変化しやすいので、テンヤやルアーフィッシングでは、着水からのカウントダウンを色々変えてみたり、ウキ釣りの場合はウキ下を小まめに変えて見る等、まあ、手軽な釣りではありますが、本格的にやるとなると、少々めんどくさい釣りでもあります。

注意点は・・・

  • 歯が非常に鋭いので、釣り上げたら、針を外す時には細心の注意が必要です。
  • 半夜釣りになりますから、ヘッドランプ等の夜釣り用の装備が必須です。
  • ルアーは2、3匹も釣ったらボロボロにされます。高額なルアーは避けたほうが賢明です。
  • 人気のあるターゲットなので、実績場はそれなりの混雑が予想されます。

タチウオ釣りの豆知識・その2

タチウオに噛まれると、下手をすると病院送りにされます。(^_^;)

病院送りを免れても血まみれにされます、針を外す時は、タオルで首根っこを捕まえて、思いっきり引き抜く感じで外すか、必ずニッパ等の道具を使うようにします。最初にクビをへし折っておくと暴れないし、感じの良い“活き締め”にもなりますから、良いんですが、間違うと噛まれますから慣れないうちはニッパを使って針を外した後、クーラーの中で成仏してもらうに限ります。(^_^)

半夜釣りの装備はヘッドライトや集魚灯、それにケミホタルがあればアタリは出やすいです。ここら辺りの道具はシーズンになると隣接した釣具店でたくさん並ぶと思いますから、お好みのものを買って置けば良いです。(高価なものは殆ど無いです)

ルアーは私自身殆どやらないので、詳述解説は避けますが、メタルジグ、シンキングミノー、ワーム+ジグヘッドなど、低速でもアクションの良い物が良いようです。ショクリーダーは16〜20ポンド程度、ワイヤーリーダーを使う場合もあります。ロッドはシーバスロッドでOKでしょう。

防波堤のタチウオ釣りは非常に人気のある釣りです。また、時合いが夕マヅメに集中するため、人気ポイントはかなりの人出になります。込み合う場合は、できればウキ釣りを避けるのが賢明ですが、そうも行かない場合は、隣近所に一声かけてから釣りをするようにすると、上手く立ち回ることが出来ます。

タチウオの刺身は絶品ですが、これを楽しめるのはアングラーの特権と言っても過言ではないでしょう。どうぞ本項を参考にして、良い釣りをなさって下さいね♪

防波堤からのタチウオ釣り

防波堤のタチウオ釣りは非常に人気のある釣りですが・・・

タチウオのウキ釣り

防波堤のタチウオはウキ釣りで狙うと釣趣があってめちゃ面白いんですが・・・

タチウオの引き釣り

手返しの良いタチウオの引き釣り、夕マヅメはこれが良いかも・・・

タチウオの名人仕掛け

食い込みの抜群に良い、タチウオの電気ウキ釣り用の仕掛けを公開!