クーラーに竿受けを付ける

釣り具にこだわりを持つこと、釣り具を大事にする事は、アングラーとして非常に大事な事で、そんな事は「当たり前」と言うくらいの感覚を持って頂きたい部分ですが・・・

クーラーボックスにロッドキーパー(竿受け)を装着する事で、愛竿の寿命を何倍にも延ばしたりする事も出来るんですね。

少しお金は掛かりますが、これをやっておくだけで随分とあなたの釣りが変わるという・・・、言ってみれば防波堤の釣りの基本して常識の一部であるというお話ですが・・・

icon

愛竿を衝撃から守るロッドキーパー

クーラーにロッドキーパー現在の釣竿は、カーボン素材を使用したものが殆どです。カーボンは反発力が優れていながら、軽量でロッドコントロールがし易い点や、反発力が優れているから、仕掛けを遠くに飛ばしたりするのに便利だったりするわけですね。

しかしながらカーボンは、コツンと来る衝撃には非常にもろい点があります。

平たく言うと、ロッドを地べたに置いたり、防波堤の角にコツンとやったりしてしまうと、あっさりと折れちゃったりすることがある!
ロッドの泣き所と呼べる部分だと思います。(磯竿は特にです・・・)

これを回避するためには、釣りをしている最中は、四六時中ロッド握り締めて地べたに置かないか、置くとしてもタオルを枕にするとか、めちゃ気を使う必要があるんですが・・・

こういう気を使うのは、誰だってめんどくさいわけです。

対処法で一番良い方法・・・、簡単ですね、ロッドキーパーをクーラーボックスにつけて置く!これだけで、釣竿に降りかかる予期せぬ事故は何パーセント防げるのでしょうか?

まあ、計算した事は無いので、正確な数字はナンとも言えないですが、地べたにロッドを置かなくなるだけでも、相当に良い事はあると思います。

クーラーボックスに装着する形のロッドキーパーは、私は色々使ってみましたが、第一精工のかけ太郎1号、これがずば抜けてグーです。(決してメーカーの回しモンじゃありません・・・笑)

このロッドキーパーは・・・

  • 角度調整が出来る
  • ロッドが滑らない
  • 折りたためるので釣行時の車内(トランク)に無駄なスペースを食わない

などのメリットがあります。

角度調整が出来るため、テトラへの釣行など、クーラーボックスがまっすぐに置けないときでも、竿受けとしての機能を十分に果たせます。竿受け部分に付いているシリコンゴムは適度に滑り止めが掛かるため、置き竿で釣りをする場合でも、助かったことが結構数多くあります。(冬場などは特に竿を持っているだけでも、手が冷たくて辛い時がありますから・・・)

最近のかけ太郎1号は尻手ロープの装着可能も謳い文句のようですが、受け部分の真ん中にリールが来るようにロッドキープしておけば、リールが引っかかりますから、別に尻手ロープが無くても、竿が吹っ飛んでいく事は無いです。大物が掛かって、クーラーごと、ひっくり返される事はありますが、そういう経験は誰でも大歓迎じゃないでしょうか?(^◇^)

難点は、一本しかロッドを掛けれない事でしょうか・・・?

まあ、この手のロッドキーパーを使うような釣りは、ロッドを2本、3本出して釣りをするような釣りには不向きですから、そういう場合は3脚なんかが良いと思います。

チヌのいかだ竿のスーパーメソッド

波止釣りで使用するいかだ竿、メチャクチャ釣れますが、知っておきたい豆知識・・・

クーラーに竿受けを付ける

クーラーボックスにロッドキーパーをつけておくと良い事がたくさんあるんですが・・・

餌まきボール(底撒きカゴ)

エビ撒き釣りの必須アイテム、底撒きボール・・・、スーパーメソッドな使用の仕方は・・・?

関連情報

エビ撒き釣り・スーパーメソッド 海釣りマニア

こだわりにこだわったエビ撒き釣りのスーパーメソッド

バチ抜けのスズキ

半夜釣りのスズキゲーム、防波堤のナイトショー!