いかだ竿で波止際を釣る

防波堤の際は大阪湾に限らず各波止で好ポイントになっている事も多いと思います。基本的に、波止際って言うのは、際の底や、イ貝の層などを中心に狙う釣りですが、認視確認出来ないポイント(駆け上がりや捨石の底付近)と違って、狙いを付けやすいポイントでもあります。

波止際の釣りは落とし込みがその代表とは思いますが・・・活きエビやオキアミなどのエサで釣る、ほったらかしの波止釣りが実は大阪湾にはあります。

結構イイ確率でドカンとでかいのが釣れるんですけどねぇ・・・笑

icon

二本竿で狙うエビ撒き釣り

いかだ竿と両軸リール実は筆者自身この釣りをガンガンやっていたと言う訳では無いですが、春先から初夏に掛けてチョット凝っていた事があります。ナンでかっと言うと・・・

メチャクチャ釣れるからですね。(^◇^)

まあ、潮によっては釣れなかったりする事もありますが、一発大物狙いには中々の釣りです。知的好奇心を満たす物として、大いに覚えておいて下さいね。

この釣りはオキアミでも出来ると思いますが、シラサエビで際のイ貝の層を狙うのが有力です。

春先のエビ撒き釣りと言うのは、駆け上がりを狙うか、際のイ貝の層を狙うか、チョット迷いが出ることがあります。(どちらのポイントも非常によく釣れるし実績もあります)

そこで、二本竿で両方狙う釣りは何か無いもんか?って考えてやっている釣りなんですが・・・、

  • 普通のウキ釣りの仕掛けで駆け上がり狙い
  • 短竿(いかだのチヌ竿)を置き竿で際狙い

チョット忙しいですが、この釣りが春先の大阪湾では成立しています。

ウキ釣りは普通のウキ釣りをしますが、この仕掛けは出来れば両軸リールを使用したエビ撒き釣りのクラシックスタイルのタックルのセッティングが効果的です。で、エビ活かしクーラーのロッドキーパーに竿を任せて、置き竿で釣りをします。

短竿釣りのコツ

短竿のズボ仕掛け一方の短竿は、これもエビ撒きスタイルの仕掛けにウキを付けていないだけの仕掛けでOKです、すなわち・・・

  • サルカンつきのオモリを道糸にセットする
  • ハリスを80cm出して、針はチヌ針(細字)の2号(ハリスは2号くらいでOK)
  • もちろん、ハリスの中央部分にガンダマのG2〜G3です

短竿も基本的に置き竿で狙いますから、ロッドキーパーがあれば便利ですが、波止際にタオルを置いて直置きでも十分に釣れます。

短竿のタナ取りは、直置きして、とりあえず海面にオモリがつくまでの距離を最初に測ります(この時点でタナ80cmです)。3ヒロなら、その位置からリールの糸を両手を広げるようにして1ヒロ、2ヒロと測り(この時点で2ヒロ半)、後80cmをリールから出して、仕掛けを落ち着かせてほったらかしです。(^◇^)(10分に1回程度でサシエ交換です)

ウキ釣りの仕掛けも両軸リールが良いと書きましたが、二本竿で釣る場合、どうしても置き竿で釣る事になりますが、このとき、当然リールをフリーにしておかないと、大きいのが当たったら、竿ごと海に引っ張り込まれます。リールをフリーにしている状態がスピニングリールの場合、ベールを起こしたままの状態が良いですが、風の状況や、スリットなどの際の潮がもむような状況では、道糸が出すぎてライントラブルに繋がるわけです。

両軸リールの場合、フリーにしておくといっても、クラッチを切っておくだけの状態です。クリックボタンをオンにしておけば、余計な道糸は出ずに、大物が当たれば、リールが逆転すると同時に、ジーっと大きな音がなりますから、こっちの方が釣りやすいです。ここで紹介している置き竿釣法のようなズボラな釣りには、案外両軸リールの仕掛けはやりやすいんですね。

たもの柄参考図それと知っておきたいのが、短竿使用時のタモ入れのコツです。

短竿は、この場合、いかだ用のチヌ竿がベストで、出来ればソリッドの穂先が付いているものが良いです。で、こういったロッドは、長さが長くて2m前後のものが大半ですね。

ウキ釣りは殆どの場合、磯竿を使用します、また波止は海面からの高さが有る程度あるので、当然ですが5mから6mの玉の柄を使用している人が殆どです。このくらいの玉の柄を使用して、短竿に掛かった魚を取り込もうと思うと・・・

普通にやっていたのでは失敗します。

図をご覧下さい。通常、磯竿使用時で、魚が掛かってタモ入れする時は、たもの柄を手にする場所はA地点です。それで魚に向かって玉枠を差し出しますが、こうすると、5本継の玉の柄の場合、殆どが4番、3番、2番と太い方から玉の柄が伸びていくはずです。

短竿でこれをやったのでは、魚に向かってタモを出しても、狙いが上手く定まらないです。正しくは、B地点(元竿の口元)を手にして、1番から順番に2番、3番と、たもの柄の細い方から延ばす、すなわち、玉の柄を延ばす時にアングラーサイドで制限を掛けながら延ばす必要があります。(指でブレーキを掛けながら伸ばします。簡単に出来ます)

これ、知らないと、まあ、短竿で掛かったでかい魚は、タモに入らないです。デカイやつですから、もたつくとバラしてしまう事になり兼ねないです。

チョット知っておきたい、豆知識です、どうぞ、参考にして、ガンガンでっかいのを釣ってくださいね。

チヌのいかだ竿のスーパーメソッド

波止釣りで使用するいかだ竿、メチャクチャ釣れますが、知っておきたい豆知識・・・

クーラーに竿受けを付ける

クーラーボックスにロッドキーパーをつけておくと良い事がたくさんあるんですが・・・

餌まきボール(底撒きカゴ)

エビ撒き釣りの必須アイテム、底撒きボール・・・、スーパーメソッドな使用の仕方は・・・?

関連情報

エビ撒き釣り・スーパーメソッド 海釣りマニア

こだわりにこだわったエビ撒き釣りのスーパーメソッド

バチ抜けのスズキ

半夜釣りのスズキゲーム、防波堤のナイトショー!