スズキの飲ませ釣り

秋の大阪湾の防波堤ではスズキが飲ませ釣りで狙えます。

ルアーで狙うのも有力ですが、季節的に時期限定の釣り(夏場でも釣れるかも知れませんが・・・汗)で、当たれば大型が多いのがこの釣りの特徴です。

大型が釣れるといっても、仕掛け、狙い方等はいたって簡単な釣りです。詳しく解説してみましょう。

icon

スズキの実績ポイントでトライ

飲ませ釣りで釣る大型のスズキは、基本的に秋のスズキ釣りです。秋のスズキは防波堤で釣る場合、できるだけ沖の防波堤で釣る方が確立が高いです。でかいスズキですが・・・地寄りの防波堤でも大型の卦があるときは出ますが、飲ませ釣りでターゲットを大型に照準を定めた場合、迷わず一番沖合いの防波堤に陣取った方が無難です。

ツバスなども同時に狙ったりも出来ますしね♪

実績ポイントと言っても、その殆どが、エビ撒き釣りによる、スズキの実績ポイントだと思います。このポイントでOKです。

エビ撒き釣りの場合は、エビを撒きながらポイントをある程度作っていくのがキモになりますが、飲ませ釣りによるスズキ狙いの場合は、ポイントを作る事は出来ないです。スズキの通り道になっているような場所にアジを泳がせて、捕食にやってきたスズキにアピールして食わすような釣りになります。

ツバスやハマチを狙う場合、沖目に遠投して仕掛けを送る方が良く釣れますが、スズキは、通り道になっているのが敷石の駆け上がり部分であったり、波止際であったりします。あまり遠投はせずに、波止から10mまでを浅めのタナでアジを泳がせる方が無難な釣りになります。

もちろん、ツバスを狙いながら、外道でスズキが掛かってくる事もあります。この場合などは、遠投したポイントで当たってくるわけですが、そういう例外も無いわけではないです。

まあ、マキエをするわけは無いので、あっちこっちと仕掛けを入れながら探るような釣りをするのが一番かもしれないです。

では基本仕掛け、釣り方など、いって見ましょう!

大阪湾のスズキの飲ませ釣り、基本仕掛けは?

大阪湾の飲ませ釣り、基本仕掛け仕掛けは大味な仕掛けでOKです。繊細な仕掛けの方が食いが良いとかはまったくありませんから、ゴツイ仕掛けで絞り上げるくらいがベストです。

ロッドは磯竿が使いやすいです。ツバスを平行して狙うなら、遠投の利く遠投タイプがベストですが、スズキ一本に絞るなら、図の仕掛けをワンランク落として、磯竿の1.5号くらいでも十分だと思います。

最近の大阪湾では、温暖化の影響も相まって、飲ませ釣りの仕掛けに70cmオーバーのメジロが当たってくることがあります。後悔しないためにも、図の仕掛けくらいがベストと思います。

  • ロッドは、磯竿の3号遠投タイプ(5.3m)
  • リールは4000番で道糸4号〜5号程度を150m巻いておきたい所です。
  • ウキは中通しの発砲の棒ウキが使いやすいです。このタイプが込み合う防波堤にあって、一番お祭りが少ないです。
  • ハリスは4号から6号程度が良く、これに負けない針を選択する必要があります。(細軸では針が伸びます)
  • オモリはこの釣りでは適当で良いです。ウキが寝ていても、当たれば、リールから道糸が吹っ飛んで行きますから、狙っているタナに届けばOKです。

図は、基本的な仕掛けですが、道糸とハリスを直結にして、ウキやオモリなど何も付けずに、アジだけを泳がせる釣りも有力!
ただ、この仕掛けは、イカがウロウロしていると、イカにアジを取られる事が多いです。

エサにする小アジは、できるだけ小さな物を選びます。サビキでアジを平行して釣る場合、良型は人間様のエサにしましょう。(^◇^)
小型が食い込み(飲み込み?)が良くてベストです。

エサのアジの付け方は、背掛けが良いです。鼻を通す付け方もありますが、弱りが早いです。

大阪湾の飲ませ釣り・裏情報・・・笑

スズキに限らず、飲ませ釣りでは遅合わせが基本です。飲み込ませて針を掛ける事を心がけます。

これ、知っている人は中々の通だと思いますが・・・

スズキは、口元がヤスリのような唇?をしてますから、カンヌキに針を掛けた方が取り込みがし易いように思われるかも知れないですが、飲み込ませて、ちょうどハナの裏側の針が掛かると、てき面引きが弱くなります。

具体的には、スズキの口に中指を突っ込んで、ちょうど指先くらいの深さの上あご部分です。ここに針掛かりしたスズキは、引き方が若干変わります。もぞもぞとして、クビを強く振るのが特徴です。

これに対し、「良い所に掛かっている」と表現されるカンヌキに針が掛かると、強烈な勢いで暴れまわられます。

ハリスが1.5号くらいで細めのものなら、飲まれてやり取りをもたつくと、唇で切られる事もありますが、走られて、ハリスのど真ん中からブツっと行くやつは、大半の場合カンヌキに掛かってます。

ハリスが4号以上で太目を使用していれば、飲ませた方が取り込み率は上がると思いますよ♪

スズキの飲ませ釣りもツバス同様、メインは朝マヅメが良いと思います。タチウオがいなくなるくらいの時間帯がベストですが、潮によっては、真昼間でも当たってきます。気候も良い時期の釣りです。チョット粘ってみては・・・、とも思います。

ツバスの飲ませ釣り

秋の大阪湾は飲ませ釣りでツバスが狙えますが・・・

スズキの飲ませ釣り

大阪湾の秋の釣りでは、スズキの飲ませ釣りも面白いのですが・・・

関連情報 サビキ釣りのアジ

飛ばし浮きで狙うアジのサビキ釣り

飲ませのエサの調達と言うよりは、人間様のエサかも?笑

竿下を狙うアジのサビキ釣り

手返し重視で数を稼ぐアジ釣り、スーパーメソッドはこうします

美味しく頂くためのアジのキープ方法

これを知っていないとアジを美味しく頂くことが出来ないです。