防波堤のアジ釣り

大阪湾の防波堤では例年秋にはツバス(ハマチの幼魚)やスズキが、小アジをエサにした飲ませ釣りで狙えます。

良い年にはツバスも70cmクラスのハマチが回ることもあれば、もう一回り大き目のサイズも潮によっては回遊があるようです。(中々取り込めませんが・・・)

仕掛けやポイントはどんな感じでしょうか・・・?

icon

釣果情報に敏感に

ツバスの飲ませ釣りツバス(ハマチ)は卦があれば高確率に釣れる釣り物です。

ただ、このターゲットは、小型でも相当な引きをかましてきます。磯竿で釣りますが、多少はロッドの扱いやリールの扱いに慣れてないと、当たっても取りこむのが難しいです。

とにかく青物ですから、逃げるスピードは速いです。磯竿で釣る場合、気合で負けてしまってはお祭りは必至です。(^◇^)

まあ、出来れば2号以上のロッドに3号ハリスで有無を言わさぬやり取りが必要と思います。

通常釣れるツバスは45センチ前後のものが多く、潮によっては、70cm級が混ざります。25cmくらいの差ですが、引きの力は3倍くらいになると思います。大型が回っている時は、3号以上のロッドを使う方が無難だと思います。(ハリスは6号くらいかな・・・?)

まあ、当たればめちゃくちゃオモロイ釣りです!

ツバスを仕留めるコツは釣果情報に敏感に動くことです。とにかくターゲットが接岸していないとまったく釣れないです。マキエでおびき寄せるようなことも出来ないです。またエサを変えてどうこうというような釣りでもないです。

「ツバスが回りだした」→即釣行!、これが正解です。

では基本仕掛け、釣り方などを見てみましょう

大阪湾のツバスの飲ませ釣り、基本仕掛けは?

仕掛けは、極単純な物が良いです。神戸の垂水の方では先オモリでぶっこみ仕掛けを作って、ハリスにスナップを付けて、ぶっこんだ後から後付でエサを送り込んでいくような釣りがありますが、こういう手の込んだ仕掛けは必要ないです。

アジバケツ普通の遊動仕掛けで十分です。もしくは、道糸とハリス(約80cm程度)を直結(サルカン結束でOK)にして、針を結ぶだけの単純な仕掛けでもツバスは釣れます。(←案外、これ面白いです)

エサは活きアジですから、専用のアジバケツは欲しいです。クーラーボックスでも良さそうですが、基本的にアジは直角に曲がると言う事をしないですから、丸型のものでないと、生簀の中で鼻をぶつけて弱りが速いです。

この釣りはサシエサのアジの活きが勝負の分かれ目です。高い物でも無いですから、アジバケツは一つ隣接する釣具店で購入してから釣りに行かれると良いと思います。

釣り具は・・・

  • 磯竿は1.5〜2号(大型が回る場合は3号以上)
  • リールは3500番から4000番が良いです
  • 道糸4号(大型対応は6号以上)
  • ハリスは3号から4号(大型対応は6号から8号)
  • ウキは8号から10号程度の中通しのタイプの発砲の棒ウキが使いやすいです。
  • 針は、太軸で延ばされない物なら、ナンでもOKですが、アジの弱りが早くなるような針はNGです。基本的にはグレ針の10号くらいのサイズでOKです。
  • これにタモ、アジバケツ、アジを現地調達するなら、サビキの道具が必要になります。

青物が回っている時は、隣接する釣りエサ店でアジを買ってから釣りに行く方が段取りは良いです。

基本的に、青物が回っているようなフィールドではアジは釣りにくいです(逃げちゃってます)。それに、この釣りは朝マヅメの一時が勝負になる事が多いです。時合いにアジが無いと、何やってるか解らなくなるので、エサのアジは買って行く方が賢明です。

では釣り方を見てみましょう。

大阪湾の飲ませ釣り・釣り方は?

飲ませ釣りは、ウキ釣りの場合、一番良いのは、前日の当ったタナから攻めることです。この釣りは2本竿を出して、色々探れるような釣りでは無いですから、ある程度決め打ちでかからないと釣りが難しくなります。

まったく情報が無い場合は、2ヒロくらいでやるのが一般的です。浅めのタナにアジを置いておく方が、感覚的にイケてると思います。

ウキをつけない場合は、道糸とハリスを直結にして、アジを付けて放り込んで泳がすだけです。この釣りのメリットは・・・

  • ツバスが寄ってくると、アジは波止際に逃げてきます。
  • これにより、時合いが解りやすいです。

当たると、手元から道糸が吹っ飛んで出て行きますから、メチャオモロイです。(^◇^)
十分に飲ませてから、大合わせで針に掛けます。

ウキ釣りの場合は、アタリがあっても、十分に飲ませるまでは、道糸はフリーにしておく感じです。飲ませてしまわないと、アジがエサですから、すっぽ抜けがあります。10カウントくらいで良いと思います。

ツバスが掛かったら、強靭な磯竿の胴で絞り上げるように、タメ込みます。このときに、45センチくらいのツバスなら、糸は出してはダメです。ヘタに走られると隣近所とお祭りは必至です。3号ハリスなら、傷が付いていなければ、まず切られることは無いです。豪快に磯竿の曲がりっぷりを楽しむ感じでOKです。

時合いは朝一番に多く、日中はややツバスの食い気は落ちます。ただ、良い潮が回った瞬間は日中でもバチャバチャとライズしてきますから、少しのんびり釣る釣りでもOKです。

ナブラや鳥山が出た瞬間は、間違いなくチャンス到来です。届く範囲なら、ダイレクトに仕掛けを投げ込む感じで良いと思います。

頑張って、ツバス、物にして下さいね♪

ツバスの飲ませ釣り

秋の大阪湾は飲ませ釣りでツバスが狙えますが・・・

スズキの飲ませ釣り

大阪湾の秋の釣りでは、スズキの飲ませ釣りも面白いのですが・・・

関連情報 サビキ釣りのアジ

飛ばし浮きで狙うアジのサビキ釣り

飲ませのエサの調達と言うよりは、人間様のエサかも?笑

竿下を狙うアジのサビキ釣り

手返し重視で数を稼ぐアジ釣り、スーパーメソッドはこうします

美味しく頂くためのアジのキープ方法

これを知っていないとアジを美味しく頂くことが出来ないです。