アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、厳寒期は釣り物が少なくなるのが一般的ですが、こうなると根魚狙いが面白さを増してきます。

防波堤の根魚の3大ターゲット、すなわち・・・

  • ガシラ
  • メバル
  • アイナメ

この中で最も大型で、強い引きを楽しめるのがアイナメです。投げ釣りのアングラーがカレイと一緒に最も欲しいターゲット・アイナメ・・・

アイナメの30cmオーバーの物は「ポン級」と呼ばれますが、投げ釣りでは中々釣れないターゲットだと思います。(25cmくらいまでなら結構釣れると思いますが・・・)

実は、防波堤のエビ撒き釣りでは、30cmはおろか40cmオーバーのポン級まで結構釣れます。もちろんスーパーメソッドが頭に入っていればの話ですが・・・(笑)

icon

まずはアイナメの基礎知識

アイナメアイナメは北海道以南の沿岸部に生息する根魚です。擬態が顕著で、住んでいる環境によって、体色は著しく変化します。

この魚と良く似たターゲットに「クジメ」がいますが、クジメが側線が1本に対して、アイナメは側線が5本あります。側線は魚の耳に当たる部分で、このため側線の多いアイナメは音や振動に敏感なターゲットと呼ばれています。

クジメはアイナメと似ていますが、味はアイナメに劣ります。東北から北海道に掛けては、60cmを超えてくるような大型のアイナメがいるようですが、私は、関西在住なので、そのあたりのアイナメ釣りに関しては知らないです。(種類も違うと思うけど・・・)

本項では、関西の防波堤で釣れる大型のアイナメをターゲットにした防波堤の釣りのスーパーメソッドを考えて見ましょう。

アイナメは根魚です。当然ですが、根の周り、テトラポット周辺、防波堤の捨石周りが狙い目です。

波止際を釣る場合、イ貝の層を狙う場合もあります。波止際のイ貝の層は、基本的に竿一本程度(約5m)くらいの水深しかないですから、根魚といえども、狙いは底一辺倒ではないと言う事です。

釣期は水温が最も下がる2月、3月が狙い目で、浅場に乗っ込んでくるものを狙います。

アイナメの釣り・釣り方は?

アイナメが釣れるポイントは?おすすめの釣りは、ナンと言ってもエビ撒き釣りです。それも、捨石をタイトに狙う釣りが良いと思います。

私自身、岸和田一文字の地の一文字・赤灯周辺や中波止、沖一文字のスリットで実績がありますが、小さくて25cmから28cm程度、大型のものは35cmくらいのものを良く釣ってますから、アイナメファンには結構美味しい釣りであると思います。

実際は、寒のハネ釣りの外道で当ってくるのですが、アイナメ一本に狙いを絞って釣るのも有力だと思います。良い群れに当たると、同じポイントで、このくらいのサイズが5本くらい出ますから、参考にして下さい。

捨石でアイナメを狙う場合、肝心なことは、タナ取りです。

確実に、底から10センチ程度(這わせるのも有力)に、サシエのエビを躍らせる必要があります。このため、釣りを始める前に、水深を確実にチェックしておく必要があります。

もちろんぶっ込みで狙うのも有力ですが、エビ撒き釣りはウキ釣りでやった方が面白いのと、波止に平行に積まれている捨石を、潮の流れに任せて広い範囲で狙う方が確立がよかったりもします。

まあ、ウキ釣りのほうが根がかりも少ないですからねぇ・・・(笑)

この釣りもキモになる部分は・・・

  • エビの撒き方

低水温の時期のエビ撒き釣りは、確実に底にマキエを利かせるように、カゴを使用してマキエをするのが無難です。また、そうした方がハネやチヌなども良く釣れます。

ガシラの多いポイントなどでは、青イソメのような虫エサで流すのも有力です。虫エサを使用する場合は、真っ直ぐにエサを刺して、この場合は、完全にハリスは底に這わせた方がイイです。

ベタ際を狙う場合は、ウキ釣りもイイですが、短竿(いかだ竿)で際の底を狙うのも有力。この場合は、ピンポイントに底撒きカゴを使って、シッカリとマキエを利かせるのがキモです。

では仕掛けを見てみましょう。

アイナメのエビ撒き釣り・仕掛けは

アイナメの仕掛けはエビ撒き釣りの仕掛け基本的な仕掛けは、ハネのエビ撒き釣りの仕掛けと一緒でOKです。ハリスも細い方が食いが良いとか言う話は無いです。石の周辺を狙いますから、逆に3号くらいの太仕掛けの方が都合は良いです。

枝バリは出したいところですが、根がかりが多いのと、太いハリスを使用するという事ですから、高切れが嫌です。30cmを超えるアイナメは、引きも結構な力をしてますから、一本針でジックリとやる方が面白いと思います。

ハリスのガンダマは、エビ撒き釣りの基本中の基本です。これが無いと、タナボケがひどくなります。底をタイトに探るアイナメ釣りで、タナボケは致命的なミスになります。確実に打つようにした方が良いだけでは無く、少し大きめのガンダマを打っても良いと思います。(具体的にはBから2B程度)

エビ撒き釣りの場合、ロッドは1号前後の磯竿でOKです。リールは遠投をしないで釣る釣りですから、案外両軸リールが良かったりします。

大阪湾の冬場の釣りは、手がものすごく冷たいです。スピニングリールは、寒い時期は結構手に厳しい物がありますが、いかだ用の両軸リールで、本体がプラスティックの物は、冷たさがかなりマシです。磯竿に両軸リールを付けると、竿さばきの良い練習にもなります。一度やられてみてはどうでしょうか?

アイナメは掛かると、強烈にクビを振ってきます。いわゆる「首振りダンス」ですが、軟調の磯竿を使用していれば、首振りによる針外れはほとんどなくなります。

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・