メバル釣りのポイント

メバルやガシラといった根魚はその名の通り、「根に付く魚」です!

このため小磯などの方がメバルは釣りやすいと思いますが、防波堤でもメバルが釣れるポイントはたくさんあります。具体的には、テトラポットや波止の敷石部分、それに波止際のイ貝の層やケーソンの継ぎ目などがそれに当たります。

icon

防波堤の見えない部分を釣る

メバルの有力ポイントポイント的にはメバルのような根魚は、岡から狙う場合、小磯の方が分があるとは思いますが・・・(感覚的には、ですが・・・)

防波堤の釣りでも相当に実績がありますから、どうぞ安心してください。

足腰の自信のある人はテトラポットなどは有力で、足腰に自信の無い人は、防波堤の見えない部分にシモリや根を探せば、メバル釣りは十分に成立してます。

防波堤の見えない部分っていうのは、少し難しく聞こえるかも知れないですが、おおよその場合、防波堤は海底部分に頑丈な基礎を敷石で積み上げてます。

このため、竿下にポチャンでシモリの上を釣ったりすることが出来ますから、ウキ下さえシッカリと設定すれば、根にタイトに攻めることも可能なのです。

また、基礎になっている捨石は、おおよその場合で、波止から10mくらいの所まで伸びているのが一般的で、この位置が駆け上がりになっていることが非常に多いです。

防波堤に平行に潮目(アワの帯)が出ているような光景を見たことがある人が多いと思いますが、これが比較的発生しやすい所は、海底が駆け上がりになっていると考えるのが基本です。

メバルももちろん、このポイントを狙って釣って、イイ釣りになることが多いです。ウキ下をボトム(海底)から少し切ってタナを設定するようにしてください。

メバルを釣る場合、キモになるのは、ボトムを狙っても、ベタ底は狙わないっていう事です。これは、メバルのように下あごがしゃくれている魚種に一般的に言えることです。

同じようなターゲットでもガシラの場合は、上あごと下あごの合わせがピタッと来ますから、上から落ちてくるエサにも、海底に転がっているエサにもどちらにも反応できますが、メバルの場合は、下あごが前に出ていて、目線が上を見ますから、必ずボトムからサシエを切っておくのがキモになります。

メバルですと言っても、食ってくるのはシモリにタイトに仕掛けが入ったときですから、メバル釣りの場合はタナ取りのテクニックが非常に重要な要素って言う事になりますね。

釣りを続けていて、ガシラが頻繁に当たってくるようだと、ウキ下を30cm程度上げて様子を見ます。

逆に当たらないようだと、根がかりをするまで、ドンドンウキ下を下げていって、探りを入れていきます。

こう釣りですから、数を出そうと思えば、ぶっこみ釣りが勝ったりもしますが、メバルを狙う場合のぶっこみ釣りは、必ず胴付き仕掛けで、サシエが底を切っているような状態を保つのがキモです。

これはガシラのぶっこみ釣りにも関連記事を解説してますから、宜しければ、そちらもご覧頂くと良いと思います。

メバルとガシラをセットで狙う場合、下針はボトムに這わせてガシラ狙い、上針は底を切ってメバル狙い・・・

この辺りは一般の釣り情報の通りでOKだと思います。

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・