ぶっ込み釣りでガシラ

小磯や足場が防波堤でも底が荒い場所ではぶっこみ釣りでガシラが良く釣れます。根がかりが多いのが難点ですが、ファミリーでも楽しめる釣りのひとつです。

仕掛けのロスを最小限に留める工夫・・・、ちょっとしたコツやよく釣れる時間帯は・・・?

icon

ガシラとメバルの違い

ガシラのぶっこみ釣りガシラがメバルと違うのは口の合わせの部分、ここの違いでエサの取り方が違うといわれています。

メバルは下あごがしゃくれていますが、ガシラは口の合わせはピッタリとしていて、上あごと下あごのどちらが前に出ているとかありません。基本的に下あごがしゃくれいる魚類は、上から落ちてくるエサに反応するといわれ、エサが水中に浮いている状態が捕食のタイミングです。

これに対して、口の合わせがピッタリ来るガシラは、上から落ちてくるエサにも反応し、底に落ちているエサにも反応を示します。生息域は根魚と言う事で、岩礁帯やテトラポットの穴、それに防波堤の捨石の隙間などに生息してますから、当然サシエは底にベタッと付けてしまった方が食わせやすいです。

メバルがサシエを底から切っておくのに対して・・・
ガシラは底に引っ付けてしまう・・・

根魚釣りの基本とも言うべき事ですね。

ガシラのぶっこみ仕掛け

ガシラのぶっこみ釣り・捨てオモリ式仕掛け図さて・・・

ガシラのぶっこみ釣りは、もちろん穴釣りで狙う仕掛けをそのまま沖目にぶっこんで釣るのもありですが、仕掛けのロスを考えると、どうしても捨てオモリ式の仕掛けに分があります。

捨てオモリ式の仕掛けで最もポリュラーなものは石鯛仕掛けですね。石鯛仕掛けは基本的に天秤を使用して捨てオモリ仕掛けにしますが、ガシラのぶっこみ釣りでは天秤は無い方が良いようです。

基本はトリプルサルカンを使用してオモリ側の糸を細くして、ハリス側の糸を捨て糸より若干太くします。道糸をさらに強い物にしておけば、根がかりによる仕掛けのロスは幾分かはマシになります。

根がかりは針が根に掛かるものだと思っている人はいないでしょうか?

確かに針が根に掛かる場合も多々ありますが、それよりも多い根がかりはオモリが石の間に挟まってしまう根がかりが多いんですね。これは磯釣りで底物をやればてき面思い知らされます。

オモリが引っかかっても捨て糸仕掛けならば、オモリのロスのみで済みます。これが中々使い勝手が良かったりするはずです。

また使用する針ですが、基本的にガシラを釣ろうと思えば何でもOKですが、根がかりが多発するような場所ではネムリの入った針なども通常の針よりも幾分かは根がかりを緩和できます。こういった事は釣りの豆知識として知っておかれると良いと思います♪

しかし、どれほど根がかり対策をやってもガシラのぶっこみ釣りは根がかりのオンパレードが普通です。オモリや針、ハリスなどは少し余分に持参する必要があります。

アタリがあれば、これも穴釣り同様に、有無を言わさず引っこ抜きます。大合わせをくれてやって、一気に底を切る感じでOKです。

使用する竿はコンパクトロッドやバス用のロッドが扱いやすいと思います。リールはもちろん小型のスピニングリールがベストです。

日中よりも、夕刻に分があり、出来れば潮が適度なスピードで流れていると好条件がそろいます。

から揚げや味噌汁にすると非常に美味しいターゲットです。ぜひとも頑張ってガシラをたくさん釣ってくださいね。

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・