穴釣りのガシラ

ガシラは夜行性の根魚で、日中は文字どうり根にへばりついて擬態します。防波堤の周りならば、捨石の割れ目やテトラポットの穴の中、それに貽貝の層などで目の前を通る小魚やエビ、カニなんかを狙っている感じですね。

中でも元も有力なポイントは・・・穴!
穴釣りこそが最もガシラ釣りでは理にかなった釣りかも知れないです・・・

icon

穴釣りのガシラ、基本仕掛けは?

ガシラの穴釣りガシラの穴釣りはおおよそテトラの入った防波堤ならば何処でもある程度の事は出来ると思います。比較的簡単で、足腰に自信のある人なら、老若男女を問わず釣りきる事が出来ます。(足腰に自信が無い人はやめときましょう・・・)

基本的に日中の釣りで、マヅメや夜間はウキ釣りで狙うガシラ釣りなんかの方が面白いと思います。まあ、アクティブな釣りなので、足で探る回る釣りがお好きな方にはイチオシの釣りですね。

基本仕掛けは・・・

  • とにかく硬い竿を使用してください。長さは1.5mくらいの物が扱いがいいです。(無ければ棒にリールシートとトップガイドだけでもOK!)
  • リールはスピニングでも両軸リールでもどちらでもOkですが・・・、道糸は4号前後で太目の物が良いです。
  • ハリスは3号でOKです。細い方が食いが・・・、あり得ませんから、この釣りでこういうのは・・・汗。長さは5cm位でOKで、針はチヌ針の5号程度が良いと思います。
  • オモリは中通しの錘で5号くらいのものが扱いが良いと思います。サルカンでとめて、そこから5センチ程度ハリスを出す感じです。

メチャクチャ大雑把に書いてますが、仕掛けは大雑把に・・・、狙いを細かく・・・
これが穴釣りの基本だと思います。

穴釣りのガシラ、コツと釣り方

穴釣りは基本的には出来るだけ深い穴を狙いますが、干満の激しい場所(あるいはタイミング)なら、満潮時には完全に水没しているけど、干潮時には水深が30cmしかないような場所でも釣れる事があります。小磯などではこういう釣りもたくさんありますね。

防波堤のテトラの場合は、やはり水深が出来るだけある穴のほうが良く、穴の底まで仕掛けを入れて、サビいて誘って釣る感じです。

エサはイソメで充分ですが、アジや秋刀魚の切り身、それにシラサエビなどでも良く釣れます。釣りエサに関してはフィールドによって適したメインのエサがありますから、隣接する釣りエサ店でよく相談されると良いと思います。

アタリがあると、有無を言わさず引っこ抜きます(引っこ抜くという表現がピッタリでしょう)。この魚は、怒って隙間に入ってエラを広げされると、もう出せないです。20cm程度の中型でもこの状態ではラインブレイク(バラシ)にされますから、強めの竿、太目の糸で一発で引っこ抜く感じが勝ります。

注意点としては・・・

  • シューズは滑らないラジアルソールのシューズを履く事
  • 濡れている場所には立たないこと(特にのりの付いている場所は危険です)
  • 思いっきり軽装でやること
  • 出来るだけこまめに探る事

穴の中にガシラがいれば、高確率で当ってきます。ぜひ本項を参考にして、良い釣りなさってください。

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・