スリットケーソンのグレ釣り

防波堤のグレは色々なポイントで釣れるわけですが、有名な所では神戸の垂水一文字の波止グレ釣りなどは有名です。同所はテトラポットからの釣りで、完全に磯釣りのようなスタイルで釣ることで有名ですが・・・

同じような釣りが最近では大阪湾でも出来るようになってきました。具体的には岸和田一文字のスリットケーソンですね。

岸和田一文字は沖の一文字ではなく、手前のバラ石というポイントの方がグレは濃いみたいですが、バラ石は渡してもらえる曜日や時間帯に制限のある場所です。(まだ工事中なんですね)

そこで、船が出れば高確率でいける沖の一文字のスリットケーソンのグレ釣り、この解説を一つして見ましょう。

icon

岸和田一文字、スリットケーソンのグレ

岸和田一文字・スリットケーソンスリットケーソンのグレ釣りは、当たってくるグレは小ぶり(18cmから24cmが平均でしょうか)ですが、ここであたるグレは、当たると一目散にこのスリットに逃げ込もうとしますから、それなりに迫力?(笑)があって楽しい釣りです。

ここに入られると、ハリス切れの確立は非常に高くなります。こんなん写真を見れば誰だって簡単に想像は出来ますよね?

しかしながら、スリットのグレはほぼ間違いなくスリットについてます、エサを取ると、一目散に巣穴に帰ろうとするのか、スリットを一目散に目指します。

このため、シッカリと張れていない仕掛けなどで釣りをすると・・・

「ズルズルズル・・・ブチッ」ってことにもなっちゃう釣りなんですね。

まあしかし、スリットを怖がってロッドを1.5号とか硬めにすると、釣趣に欠けるばかりか、外道で当たってくる良型のチヌやスズキもスリットに入りやすくなるので、このポイントでは0.8号や1号くらいの柔らかめのロッドを使うことが、ここの釣りのキモ※です。

※強いロッドで魚の元気な間に絞ると、必然で魚を元気な間にスリットに近づける事になって危険なやり取りになります。軟調のロッドで沖に走らせて、糸の出し入れで取り込むのが防波堤の釣り(特にスリットケーソン)の上手な取り込みです、防波堤の釣りは磯釣りとは違います

では釣り方を解説してみましょう。

岸和田一文字、スリットケーソンのグレ、釣り方は?

スリットケーソンの潮目フカセ釣りで釣る以上、絶対に欲しい感覚が・・・

潮を釣る感覚!

これが無いと、波止グレと言えども、中々上手い具合にフカセ釣りでグレを釣るのは難しいです。

ここでグレを釣ろうと思うと、スリットにグレが付いている事は明白ですから、ついついスリットギリギリに仕掛けを入れて、スリットの直ぐそばでアタリを・・・、とか考えそうですが、スリットから払い出される潮に乗せて仕掛けを流す感じで釣る方が、何かとメリットがあります。(といいながら、スリットギリギリじゃないと食わないときもあるにはあるんですが・・・汗)

スリットのフカセ釣りは基本的に、沖から当たってきた潮が、スリットにぶつかって跳ね返った潮とぶつかり合う場所、ここがヒットポイントになることがよくあります。

右図のアワの帯が出来ている場所、これが潮がぶつかって出来ている潮目と呼ばれる潮です。

防波堤の釣りの場合、ケーソンの基礎になっている敷石と海底の境界線部分の真上に潮目が出来る事が一般的ですが、写真の状況でも、ほぼ基本セオリーと一致しています。(写真の潮目は、ちょうど駆け上がりの一番上くらい・・・かな?)

波止際ギリギリに仕掛けを入れて、払い出しの前に押し出す潮にのせて、この潮目までをジックリと落とし込んでいくような釣りでグレは釣れるわけですね♪

スリットのグレ釣りは、釣期的には7月から11月ごろまでの釣りです、必然高水温の中の釣りですから、タナは浅めで釣るのが基本です。具体的には深くて2ヒロから2ヒロ半、グレが浮けば1ヒロ前後のタナを釣る感じになります。完全にグレだけを狙ってフカセ釣りをする場合は、こんな感じの狙いで十分だと思います。

この釣りは、合わせ技でチヌを狙う事も出来ます。

岸和田一文字、スルスル仕掛けでチヌ狙い

具体的には、全層タイプのスルスル系の仕掛けを準備して、潮目の縦に入る潮にまかせて仕掛けを深目まで送り込んでいくような釣りですね。

チヌを狙う場合、秋口が狙いやすいですが、秋チヌの基本はボトムの釣りです。

潮目付近は殆どがボトム(この場合なら5.5ヒロくらい)が当たりやすいですが、落とし込みに食ってくるチヌが際にドッサリといますから、そういう意味でもベタ際の浅い目からグレ狙い(ついでに落とし込みであたるチヌ狙いを兼ねて)で仕掛けを入れて、潮目で潜る潮にまかせて深目まで、ボトムで食ってくるチヌを探るって言うのは、非常に理に適った釣りなのです。

尚、このグレ狙いには、集魚剤は、もちろんグレ系の集魚剤が有力です。

とにかく魚を浮かす事を考える事が最優先ですから、グレ系の集魚剤でも、特にライト系(浅ダナ狙いの比重が軽いもの)が有力です。

これ、一緒にボトムのチヌを狙うからといって、比重が重めのチヌ系の集魚剤とか使用すると、ややタナがぼける感じがしないでもないです。

潮目は下方向に潜る潮で無いと、あまり釣れないです。下方向に潜る潮なら、ウルトラライトの集魚剤でもボトムにまでマキエは効きますから、チヌを一緒に狙うにしても、グレ系の集魚剤が勝る釣りでもあります。

どうぞ、本項を参考にして、イイ釣りを頑張っちゃって下さいね♪

浅いレンジのグレ釣り

大阪湾の防波堤でグレ釣り?案外釣れるんですが・・・(笑)

スリットケーソンのグレ釣り

岸和田一文字のスリットってグレのフカセ釣りが面白いのですが・・・

グレ釣り・7日間集中エクササイズ

7日間でグレ釣りのキモを覚えるという、無謀な企画ですが・・・

絶好潮!グレの磯釣り

さらに詳しいグレ釣りはこちら