秋のハゼ釣り

ハゼはファミリーフィッシングで手軽に狙えるターゲットとして人気があります。

一般的なぶっこみ釣りや河口からのチョイ投げで釣れるハゼは「マハゼ」で、食味が良く、天ぷらにするとビールの肴に最適です。(^◇^)
ファミリー向けの釣りと言っても、帰宅後の食卓を考えれば、お父さんも頑張らないといけません!(笑)

真夏に釣れるデキハゼと呼ばれる小型のハゼはファミリーフィッシングの代名詞ともなっていますが・・・

当サイトは「防波堤の釣りスーパーメソッド」です!
ハゼ釣り一つとっても、こだわった釣り、大型を狙う釣りで無いと、スーパーメソッドとは言えないと思います。

というわけで、ハゼの型が大きくなる秋口のハゼ釣りをお届けします。

icon

通常のハゼ釣りは・・・?

ハゼは北海道南部以南の日本各地に生息する魚種で、比較的容易に釣れるターゲットとして人気があります。ハゼ釣りはファミリーフィッシングの代名詞です

ハゼ釣りをするポイントとしては、湾内や河口などの汽水域がメインで、基本的に砂地に生息すると言われていますが、もう少し解説を加えるなら、砂地に泥底が隣接しているような汽水海域がベストのポイント設定と思います。

初夏に釣れはじめるハゼは、デキハゼを呼ばれ、小型(10センチ程度)が中心ですが、秋口になると、これが大型になり「落ちハゼ」と呼ばれるようになります。落ちハゼは大型の物で20cmを超えてくる物もあり、もちろん釣り味も良くなってきます。

通常ハゼの寿命は1年と言われていますが、これが時折3年くらいの長生きの物がいます。これはフルセと呼ばれ、大変貴重な物ですが、滅多にお目にかかれる代物ではありません。

まあ、フルセに関しては、釣れると言われているポイントで腰を据えて釣るような釣りになります。

デキハゼの釣りは簡単な釣りです。運河や河口で比較的水深の無いポイントで、上記したように、砂地に泥底が隣接したようなポイントが狙い目です。具体的には、河口のそばで奥まったような湾があれば、そういう海底になっている事が多く、そういうポイントが狙い目です。

デキハゼは、ウキ釣りで釣るのが風流ですが、底取りが出来ない場合はぶっ込みで釣るのもOK!浅めの底なら、のべ竿を使って中通しの3号くらいのオモリをサルカンで止めて、そこからハリスを10センチ程度出すだけの仕掛けでも十分に釣れます。

夏場のデキハゼ釣りは、エサは石ゴカイがおすすめですが、秋口の落ちハゼの場合は、型が良くなることと、少しキャスティング必要になってきたりします。また、生存数自体がやや少なくなりますから、青イソメのような大きめで動きの良いエサのほうが良いと思います。

では落ちハゼの、基本仕掛け、釣り方など、いって見ましょう!

落ちハゼ釣り、基本仕掛けは?

大型と言ってもハゼは20cm程度のものです。仕掛けはチョイ投げのぶっこみ仕掛けで十分です。河口を狙う釣りが基本ですが・・・

  • ロッドはコンパクトロッドやバスロッドで十分です。長さは2m前後で良いでしょう
  • リールはチョイ投げで釣りますから、小型のスピニングリールがベストです。道糸は2号が100mも巻ければ十分です。
  • オモリは絡まないように天秤を用いた方が無難です。号数は5号から10号程度。仕掛けは海底に這わせた方が良いので、私的な感覚としては、ジェット天秤の10号が良いと思います。
  • 仕掛けは、ハリスは1号前後、針は流線の8号程度の小針でOK。袖針のような細字の物があれば一番良いと思いますが、市販の仕掛けで小針のものがあれば、あまり深く考えないで十分です。
  • ロッドをコンパクトロッドやバスロッドにしておけば、力糸は要らないです。ただし、冬場で投げ竿を使用して遠投して釣る場合は、それなりのタックル準備が必要になります。(まあ、カレイを狙った方がイイかな・・・?笑)

秋の落ちハゼはチョイ投げで、やや沖目の深場を狙うのが基本です。河口の脇に港が隣接しているしているようなポイントで、やや奥まった湾を狙います。

港が隣接しているって言うのが、ある意味キモで、船道になっているような所があれば、その下が海溝になっていたりしますから、具合の良い駆け上がりになっていたりします。

ハゼに限らず、駆け上がりは、魚釣りでは基本的な狙うべきポイントと言えるでしょう。

チョイ投げで、海底を引き、ヨブ(波などで出来た海底の起伏)やシモリの回りなどを中心に狙います。泥が多目の場合は期待薄ですが、砂地が多目の場合は、これの外道に良型のキスが当たって来たりもしますから、シッカリとポイントを見極めて釣りたいところです。

落ちハゼ、さらにマニアックに釣る(笑)

ハゼは食味が良いと言うことで、マニアックなアングラーを自覚す人は、ぜひともこだわった釣り方で釣ってみて欲しいと思います。小型のハゼですが・・・笑

私なら、道糸をPEライン(1号)にして、オモリは5号程度の軽め、それで、海底の起伏を入念に探る釣りを考えます。

道糸がナイロンからPEラインになると、PEラインには伸びがありませんから、海底の具合が、慣れて来ると、それこそ手に取るように解ります。

「狙って釣る」と言うのを、凄く体感できるわけですね♪(まあ、釣れりゃ、それでOKなんですが・・・汗)

落ちハゼも一段落すると、さらに深場に落ちます。これを狙う釣りが、さらにマニアックです。笑

当然遠投を要しますから、本格的な投げ釣りのスタイルで狙う事になりますが・・・
超繊細な仕掛けで、微妙なアタリを取る釣りです。

このハゼはサイズも良く、少し大きめのエサで釣る方が無難です。具体的にはジャリメや青イソメ、こういったエサを使用します。

ポイントは運河が良いと思います。大型船が通るような場所で、水深がタップリとあるような場所がメイン!もちろん、汽水域が隣接していれば、言う事無しです。

関西では神戸港で私はこの釣りを楽しみます。数は少ないですけど、当たると、チヌやスズキと同じように嬉しいですが・・・

ちょっとマニアック過ぎかも・・・?笑

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
「エギング

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
フカセチヌ釣り

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
エビ撒き釣り

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
入れ食いのタチウオ

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
磯釣りスタイルのチヌ釣り

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
シーバス爆釣!ノリZに聞け


小さなお子さんを連れたファミリーフィッシングのアジ釣り

子供が小さいから、アジのサビキ釣りが簡単だろう・・・、決して間違いじゃありませんが・・・

防波堤の代表的な毒魚

ファミリーフィッシングでは良く毒魚が当たって来て困る事があります、代表的な毒魚について・・・

秋のハゼ釣り

ハゼは「ダボハゼ」と言われるように、簡単な釣りと思われがちですが・・・


おススメのファミリーフィッシング(アジ釣り)

防波堤のアジ釣り

防波堤のアジ釣りは、ファミリーフィッシンフでも楽しめる有力な釣りの一つです。

アジの食わせ釣り

梅雨時分からの大阪湾は良型のアジが回る事があります。食わせで狙うと趣もあって・・・


おススメのファミリーフィッシング(根魚釣り)

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・