小さなお子さんを連れたファミリーフィッシングのアジ釣り

アジのサビキ釣りはファミリーフィッシングの定番中の定番です。これは、もちろん、小さなお子さんでも普段釣りをされない女性でも簡単に釣れるからに他なりません。

ファミリーフィッシングを実践する上において・・・
チョット知っておきたい“小さな子供を連れて行く釣り”で、気をつけなければイケない注意点・・・

案外書いている釣情報は少ないと思います。

icon

ファミリーフィッシングで困る事?

ファミリーフィッシングまず、子供は水に対する恐怖心が無いのが普通です。平たく言うと、防波堤の釣りをやっていても、平気で波止べりを歩き回ったり、座ったりします。

小学校の3年生くらいから上のお子さんだったら、少々危なっかしい事やっても、体力的にもバランス的にも、まあ、簡単に海にハマったりする事も無いでしょうけど・・・(と言っても油断大敵です)

これが幼稚園児とかになると、マジで危なっかしくて見てられないですし、あなたが親で子供が波止べりに行ったりすると、ハラハラドキドキして釣りどころではなくなると思います。

ファミリーフィッシングは確かに、万年釣りばっかりやっているお父さんが、家族に釣りの楽しみを知ってもらったり、家族に楽しんでもらったりするには最高の手段ですが・・・

当の本人のあなたもアングラーである以上は、釣りに行ったら楽しみたいですし、楽しまないといけない!こう思います

子供が波止べりに行くのはある程度仕方が無いですが・・・

ここに注意すると、若干マシになります。お父さんアングラーは参考にして下さい。

子供の目線を変える

まず、小さなお子さんは、長い竿は振れません。子供用の竿は大たい1.8m前後くらいのものが多く、そういう釣竿で無いと、特に小学校低学年以下のお子さんは釣りにならないです。

こういうお子さんに「簡単に釣りを楽しんでもらおうと思って、アジのサビキ釣りにした」

これが、まあ間違いとは言いませんが、ハラハラドキドキする種になります。

子供がやるアジのサビキ釣りは、基本的に竿下にポチャンです(飛ばしウキとかは出来ないですから・・・)。短い竿でこれをやると、仕掛けの入っているところを見たい子供がどうするかと言うと・・・

ほぼ自動的に波止際スレスレまで行って、海を覗き込みます。

そうなんです、長い竿は扱えないから、短い竿にしますが、短い竿にするから、海を覗き込みに波止際スレスレまで足を運んでしまうわけです。

要するに、簡単にファミリーで楽しめるはずのサビキ釣りも、子供が小さいうちはあまりおすすめでは無いという事です。

サビキ釣りを教えるのは小学校4年生くらいになってからにするようにして、子供が小さいうちは・・・

  • 砂浜からの投げ釣り
  • 防波堤からの釣りにするなら、根魚のぶっこみ釣りやチョイ投げの釣り

こういう釣りの方が得策かもしれないです。

ぶっこみやチョ投げは、仕掛けの投点が前方になりますから、目線が足元にならずに前になります。こうする事で、波止際にはあまり子供は行かなくなります。砂浜からの投げ釣りならば、釣りに飽きれば、貝でも拾っていれば良い思い出になります。

安全第一に考えるファミリーフィッシング、ぜひ本項も一つ参考にして、良い釣り、頑張ってみてください。

小さなお子さんを連れたファミリーフィッシングのアジ釣り

子供が小さいから、アジのサビキ釣りが簡単だろう・・・、決して間違いじゃありませんが・・・

防波堤の代表的な毒魚

ファミリーフィッシングでは良く毒魚が当たって来て困る事があります、代表的な毒魚について・・・

秋のハゼ釣り

ハゼは「ダボハゼ」と言われるように、簡単な釣りと思われがちですが・・・


おススメのファミリーフィッシング(アジ釣り)

防波堤のアジ釣り

防波堤のアジ釣りは、ファミリーフィッシンフでも楽しめる有力な釣りの一つです。

アジの食わせ釣り

梅雨時分からの大阪湾は良型のアジが回る事があります。食わせで狙うと趣もあって・・・


おススメのファミリーフィッシング(根魚釣り)

ウキ釣りのガシラ

ガシラはブッコミ釣りや穴釣りで狙うのが定番ですが、波止釣りの場合、エビエサでウキ釣りで狙えたりもします・・・

穴釣りのガシラ

ガシラ狙いでは穴釣りが最も理に適った釣りかも知れないです

ぶっ込み釣りでガシラ

ガシラのぶっこみ釣りはガシラ釣りの有力な手段ですが、効率的な仕掛けが・・・

メバルのウキ釣り

メバルのウキ釣りは凪を釣るのが基本ですが・・・、仕掛けはどんな物が良いでしょか?

メバル釣りのポイント

防波堤でメバルを釣る際の一般的なポイントはここだ!

アイナメのエビ撒き釣り

大阪湾の防波堤では、アイナメはエビ撒き釣りで釣るのが有力ですが・・・