大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

ハネのエビ撒き釣りは、軟調の磯竿を使用して、感度の良い棒ウキで湾内やテトラから、シラサエビをエサにスズキの幼魚・ハネを狙う釣りです。地域色が豊かな釣りで、他の地方にはあまり類を見ないです。

大阪湾では、このハネ釣りが昔から盛んなんですが・・・ナンででしょうか?
この理由から、実はハネ釣り攻略のメソッドの一部を垣間見る事が出来るんですね♪

icon

エビ撒き釣りのハネ釣りの歴史

ハネと言ってもこれらはスズキです・・・(^_^)v ハネのエビ撒き釣りは、キモになる部分はナンと言ってもエサです。

シラサエビ(スジエビとも言われてる?)の鮮度が、この釣りの一番重要なポイントです。

如何にして、鮮度の良いエサをハネのいるフィールドへ持ち込むか?

これが、エビ撒き釣りでは何よりも考えなければいけない最有力事項なんですね。

元来シラサエビは、琵琶湖で取れていた物を大阪湾の各釣具店、釣りエサ店に卸していたのですが、このエビは長距離を車で運ばれたりすると鮮度が落ちやすくなります。ですから、琵琶湖の近場である大阪湾の各防波堤の釣りエサ店や渡船店が有利だったりしたわけですね。

さらに、スズキの良好な生息域を考えると、当然汽水域有利と考えられると思いますが、大阪湾は狭い地域に大型の河川が数多く入っているワケです。ターゲットのハネも生息環境が整っているわけですね。

ポイントをチョット整理してみましょう♪

  • 琵琶湖に隣接した大阪湾がシラサエビの確保に有利だった
  • 汽水域を好むスズキ(ハネ)は大阪湾に生息しやすい環境が整っている
  • 大都市圏であるため、アングラーの数が多い
  • このため、釣り関連の業者も、このハネ釣りには力を入れることが出来た

こうして、伝統釣法になっていったわけですね。

昨今では、琵琶湖でのシラサエビの捕獲量は激減しています。(バスがみんな食っちまったかな?^_^;)
このため、韓国や中国からの輸入物のエビで数を整えたりしていますが・・・

琵琶湖産があれば、それを求めた方が良い釣りにはなりやすいです。

まあ、マキエとサシエを使い分けるなどして、賢くエビを使い分けると良いと思います。(輸入物をマキエ、琵琶湖産をサシエと言った感じです・・・)

大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?


エビ撒き釣りの仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りの基本仕掛けはこれです、この仕掛けからフィールドの状況によって変化を加えていきますが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ハリスを短くする場合

大阪湾に多いスリットケーソン、誰が考えてもこの中に魚は多いと思うと思いますが、確かにたくさんいます。通常のハネ釣り仕掛けが通用しない場合がありますが・・・


エビ撒き釣りの釣り具

エビ撒き釣りのハネ釣り・ロッド選び

エビ撒き釣りのハネ釣りを頑張るには、どういうロッドを何本くらい揃えておけば良いか・・・?

エビ撒き釣りのハネ釣り・リール選び

ハネ釣りのリールは圧倒的にレバーブレーキのスピニングリールが使いやすいですが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ウキ選び

エビ撒き釣りのハネ釣りは、凝りだせばウキには非常にうるさくなります(笑)

エビ撒き釣りのハネ釣り・最も重要な物はエビクーラー

エビ撒き釣りのハネ釣りは、ナンといっても持ち込むエサのエビの活きがキモです・・・


エビ撒き釣りのハネの釣り方

エビ撒き釣りのハネの釣り方・基本釣り具と装備

エビ撒き釣りでハネを狙う場合の基本釣り具と装備を詳しく解説・・・

冬場に狙うエビ撒き釣りのハネ

冬場のハネ釣りは「寒バネ釣り」と呼ばれ、大阪湾の冬の風物詩の一つです。ヘラブナを釣るような感覚で内海で釣るハネ釣りですが・・・

春先に狙うエビ撒き釣りのハネ

春先のハネ釣りは記録物を出せるチャンスでもあります。寒い時期は水深の無い防波堤のボトム、暖かくなってくると・・・

夏場に狙うエビ撒き釣りのハネ

夏の暑い盛りはハネ釣りはもう一つって言うのが定番ですが、そんなこと無いです・・・

秋・最盛期のエビ撒き釣りのハネ

秋のエビ撒き釣りのハネは一年中で最も良い季節です、どういうふうに釣れば・・・