春先に狙うエビ撒き釣りのハネ

エビ撒き釣りは年中楽しめますが、春夏秋冬によって少しづつ攻め方、ポイント、タックル等を変化させていく必要があります。本項では春先〜ゴールデンウィークくらいまでの時期のハネ釣りを取り上げます。

この時期は絶好のハネ釣りの時期で、大型の回遊もあれば、エビにも積極的にアタックしてくる時期でもあります。大型のスズキクラスも低水温のため、引きがそれほど強くなく、自己記録の更新がしやすい時期でもあります。

詳しく解説してみましょう♪

icon

自己記録を狙うハネ釣り

春先のハネ釣り春先のハネは、三月中旬からゴールデンウィーク明けくらいまでがメインの釣期で、比較的釣りやすい場所で釣れるのが特徴的な部分でもあります。具体的には、4月中旬くらいまでは、水深のあまり無いポイントのボトムに実績が多々あります。少し気候が良くなってくると、水深のある防波堤の内向きで、流れもそんなに無いポイントが良く釣れたりします。

さくらの花が咲くまではボトムを中心に狙いを定めますが、これにアイナメの良型が当ってきたりします。私は岸和田一文字がホームグランドでこの釣りをやりますが、この時期のアイナメはアベレージで24、5cm、時には30cmクラスのいわゆるポン級から40cmくらいの大型まで釣れる事が多々あります。関西では投げ釣りの人がこれ釣れば魚拓クラスじゃないでしょうか?アイナメの釣り方は別項で後日書かせて頂きますね♪

さて、春先のハネ釣りでは狙うポイントがボトム中心、これがゴールデンウィークあたりまで続くわけですが、釣り方として最も重要なのは・・・?

エビの撒き方!

これですね。

エビの撒き方

エビ撒き釣りのエビの撒き方にはおおよそで二種類あります。具体的には・・・

「上撒き」と「底撒き」

これがあるわけですが、水深のあるポイントのボトム(底)中心に狙うわけですから、もちろん底撒き器でシッカリとポイントを作るように撒くと言うのがキモになります。極端に言うと、上撒きは殆どしないで底撒き一辺倒で撒いた方が効率もよければ確率的にも良かったりします。

駆け上がりの底スレスレに仕掛けを入れます狙うポイントは、際の底もあるにはありますが、それよりも駆け上がりのボトム部分、昨今の低水温時のハネ釣りはこういうイメージで釣っている人が多いです。

マキエの撒き方で、上撒き一辺倒でやれば、敷石の上で1本(5m)前後のところまでハネを浮かす事も出来ますが、最近では殆どのアングラーが底撒きカゴを使用して、駆け上がりのボトム周辺にポイントを作るのも確かです。近くでここにポイントを作られると、さすがに浮かせるのはかなり苦しいです。無理して浮かす事を考えるより、ベタ底にポイントを作ってしまうほうが確率的にも高くなります。

ポイントの作り方です!

  • 底撒きカゴを使用して、ピンポイントにマキエを断続的にしていきます。
  • 底撒きカゴは大きなサイズは必要ありません、普通のサイズのものでOKです。
  • 狙っているタナの1mくらい上でカゴを割るようにします。(基本的に下にマキエは利きます)
  • ポイント、距離、深さを一定に、最初から最後までピンポイントにマキエを利かせるようにします。

ポイントについたら、挨拶代わりに2、3発、底撒きカゴを使用してマキエをします。仕掛けを入れる前にポイントを作るイメージです。この釣りは、あっちこっちと浮気がちになっては、爆釣は遠いです。一旦「ここ!」と決めたら、最低でも3時間くらいは同じポイントでマキエを打っていくほうが結果が吉と出る事が多いです。(春先は特にです・・・)

特に防波堤の内向きか外向きかは究極の選択になる場合が多いです。外したら、次回の釣行で修正するようにします。(※その釣行で、追いかけてもあまり良い事は無いです)

低水温時の春先のエビ撒き釣りと言うことで、ミディアムレンジ(中層)からシャロー、トップ(浅いタナ)は殆ど無視して大丈夫です。アタリがあってもあまり大きなサイズはいない場合が殆どで、スーパーサイズの多くはボトムで出ます。時期的に小型の数釣りの時期でもないです。夢のある一発を追うようにしたほうが、楽しいと思います。

寒のハネが終わって、さくらの花が咲く時期前後は、案外水深の無いポイントのボトムも怪しいです。具体的には水深が1本(5m)くらいのポイントで、テトラ帯なども視野に入れておく必要があります。まあ、寒バネの残り物といった感じの釣りがある場合があるという事ですね。

4月中旬くらいからで水温が14℃を超えてくると、ややハネが上ずる場合もあります。こう言った情報は隣接する釣りエサ店や渡船店で状況を情報として入手して、素直に釣った人の真似をする事が好釣果に結びついたりします。

仕掛けはハネ釣りの基本仕掛けでOKです、ロッドは障害物の少ないポイントをメインに釣る場合が多いですから、軟調のロッドが面白いです。特にゴールデンウィーク前後から、ハネは既存数自体が多くなりますから、少々バラシをやってしまっても、ポイントさえシッカリと作っておけば次が当ってくる事が多いです。ライトタックルで狙ってみても面白い釣りが出来ると思います。

ゴールデンウィークを過ぎて、水温が18℃くらいになってくると、ハネがエビを食わなくなってきます。この状況はゴカイの産卵の時期と重なり、ハネの食性がゴカイ一辺倒に傾きます。いわゆるバチ抜けという現象ですが、バチ抜けに関しては別に1ページ設けておりますからそちらをご覧下さい。

春先は水温が低く、釣り物が乏しい時期ですが、ハネ釣りはまったく別です。根の周りを攻めてみると、メバルやアイナメなども釣れますから、ぜひ参考にしてハネ釣りを楽しんでくださいね。

エビ撒き釣りのハネの釣り方・基本釣り具と装備

エビ撒き釣りでハネを狙う場合の基本釣り具と装備を詳しく解説・・・

冬場に狙うエビ撒き釣りのハネ

冬場のハネ釣りは「寒バネ釣り」と呼ばれ、大阪湾の冬の風物詩の一つです。ヘラブナを釣るような感覚で内海で釣るハネ釣りですが・・・

春先に狙うエビ撒き釣りのハネ

春先のハネ釣りは記録物を出せるチャンスでもあります。寒い時期は水深の無い防波堤のボトム、暖かくなってくると・・・

夏場に狙うエビ撒き釣りのハネ

夏の暑い盛りはハネ釣りはもう一つって言うのが定番ですが、そんなこと無いです・・・

秋・最盛期のエビ撒き釣りのハネ

秋のエビ撒き釣りのハネは一年中で最も良い季節です、どういうふうに釣れば・・・


大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?