エビ撒き釣りのハネ釣り・ロッド選び

エビ撒き釣りのハネ(スズキの幼魚)を釣る時は、どんなロッドを選べば良いでしょうか?

通常の釣り情報誌などでは、スズキクラスの大型の物まであたってくるので、磯竿は1.5号くらいの物が良いと書かれていますが・・・

私に言わすとチョット甘いですね。ポイントの状況や天候などのケース、あるいは当って来る平均的なサイズ、潮の状況など、ケースによって数種類のロッドを使い分ける必要があります。

詳しく解説してみましょう。

icon

エビ撒きロッド・基本は3本欲しい

シマノのロッド、姉妹サイト爆釣!チヌのフカセ釣りの画像を拝借初心者の方は、まだそんなにロッドを数持てないと思いますから、これからハネ釣りを始められる方は、総合的に考えて1号(0.8号)か1.5号を選択されれば良いです。

例えば、ハネ釣り以外に何か同じ道具を使用して釣りをされる事があると思いますが・・・

  • 磯釣りも併用してやるなら1.5号を・・・
  • 防波堤の釣りオンリーで、他にチヌやメバルを狙うなら0.8号から1号程度のロッドでOKです。

ハネはスズキの幼魚ですが、季節によって、当ってくる中心的なサイズが変わります。また、季節によって、貯木場やテトラポット、あるいは沖堤など様々な場所で釣る事が出来ます。

スリットケーソンのようにベタ際を釣る釣りもあれば、テトラ帯などでは遠投を要します。ウキや道糸もある程度変化させていく必要がありますが、こういったバリエーションに伴って、ロッドやリールも変化させる事が出来ると、リズミカルな釣りになり、結果的に好釣果に見舞われる確立も上がるんですね。

ロッドは具体的に3種類、欲しいです。一つづつ解説を入れてみます。

寒の時期のハネ釣り用のロッド(1.2(5)号〜1.5号)

まずは、寒の時期のハネ釣りなど、地方(じかた)寄りで釣る場合は、水深が無いポイントが多いです。またこういった時期は、テトラポットでのハネ釣りなども有力で、その場合遠投を要します。

ウキ自体の重量を増せば、遠投もしやすいですが、季節風が強い時期でもありますから、やや硬調のロッドのほうが扱いが良いです。具体的には1.2(5)号か1.5号で5.3mの物がベストと思います。

寒の時期のハネは、平均的に引きも大したことがありません。また、限られたポイントで釣れたりしますから、バラしてしまうとそれまでになる事が多いです。硬調のロッドで確実に取り込み率を上げる方が賢明です。

まあ、風が無ければ軟調のロッドで楽しむ事も大いに結構な釣りではあります。

春から梅雨時分のハネ釣り用のロッド(0.8号〜1号)

ゴールデンウィーク前後の時期は、大阪湾のハネ釣りも絶好の時期になります。この時期のハネは沖堤の捨石に沿って捕食レンジが定まり難い時期でもありますが、平均的に障害物の少ない場所で当るのが特徴的であります。(まあ、障害物の近くでもいるにはいますが・・・)

この時期のロッドは、0.8号から1号クラスのロッドで外ガイドの物が扱いが良いです。

秋の落ちにかかるスズキに比べれば、引きも若干弱く、それであって大型の確立が高い時期ですから、軟調のロッドで、沖目で走らせて取り込むようにします。ターゲットが大きいからといって、強めのロッドでタメをきつくすると、返って取り込みにくくなります。具体的には1.5号クラスのロッドで締め上げると、エラ洗いを誘発するなど、あまり良い事はありません。

大型のスズキと言えども、良く走って20mから30m程度です。糸の出し入れで対処して充分です。

秋から初冬に掛けてのハネ釣り用のロッド(ズームロッドの1号)

秋口のスズキ狙いには、沖の防波堤のスリットケーソンなどが狙い目になります。少し、取り込みが難しいポイントを釣る事になりますが、スリットに飛び込まれないようにするために・・・

1.5号や2号のロッドを選択すると、返って飛び込まれやすくなりますから、注意が必要です。

基本的に糸の出し入れでやり取りをするハネ釣りは、磯竿のタメと言う物はあまり必要ではありません。名手と呼ばれる人の釣りを良く観察してみてください。糸は出して出して、出しまくりです。(^◇^)

北西の風の中、波止際の攻めが多い秋口のハネ釣りはズームタイプの1号クラスが一番扱いが良いです。

外ガイドを選ぶ

赤潮ではありません、大阪湾名物ドロッとした潮大阪湾で釣りをする場合、水温の上昇と共に、赤茶色のドロッとした潮が波止際を浮遊する事があります。

これ自体は赤潮ではないので、水の中の魚たちは元気ですが、このドロッとした潮は粘着力があり、道糸伝いにロッドに付着すると、インナーガイド(インターライン)のロッドはメンテナンスが大変です。(出来ないと言っても過言では無いです)

外ガイドのロッドならば水洗いして、ボナンザで処理すれば、殆ど元通りです。圧倒的に外ガイドロッドが有利と思います。

以上三種類、0.8号か1号、1.2(5)号か1.5号で5.3m、それに48-53のズームの1号クラスで揃えておけば、ほぼ全域、オールシーズン、ハネ釣りを楽しめると思います。

ぜひ参考にして、良い釣りをなさってください。

エビ撒き釣りのハネ釣り・ロッド選び

エビ撒き釣りのハネ釣りを頑張るには、どういうロッドを何本くらい揃えておけば良いか・・・?

エビ撒き釣りのハネ釣り・リール選び

ハネ釣りのリールは圧倒的にレバーブレーキのスピニングリールが使いやすいですが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ウキ選び

エビ撒き釣りのハネ釣りは、凝りだせばウキには非常にうるさくなります(笑)

エビ撒き釣りのハネ釣り・最も重要な物はエビクーラー

エビ撒き釣りのハネ釣りは、ナンといっても持ち込むエサのエビの活きがキモです・・・


大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?