エビ撒き釣りのハネ釣り・最も重要な物はエビクーラー

エビ撒き釣りのハネ釣りは、生きエビを持って釣りに行くわけですが・・・
何が大事かって、このエビクーラーに対するこだわり!

これが最も重要といって、過言ではないでしょう!

如何にして、鮮度の良いエビを大量に現場に持ち込むか?
ここがこの釣りの一番難しい部分でもあります。

icon

エビ撒き釣りのキモ

飛び出すエビ元気通常の釣り雑誌、あるいはテレビ番組などでエビ撒き釣りのハネ釣りが取り上げられると、「お財布の許す限りで1500円から3000円くらいのエビを買って、間断なくパラパラと、切らさないようにエビを撒きながら釣る」、見たいな事言ってますが、甘い!甘いです。

良くハネはデカイ口の割には、食い込みがシブい、なんて言うのもよく言われますが、実はこれも撒くエビの量が甘いから、こういう風な事が良く起こるんですね。

ズバッと、この釣りのキモをぶちまけますからねぇ・・・(^_^)v

現場へ持ち込むエビの量は、最低3000円、出来れば5000円が理想です。もう少し分かりやすく数字で表すと、一時間1000円程度のエサが、あった方が良いでは無くて、必要と言っても過言では無いと思います。

そりゃ確かに、少ないエビでも釣れるには釣れます。しかし、確実に時合いに、キッチリとアタリを物にしようと思えば、このくらいの量がないと難しいです。

基本的にエビで当ってくるハネは65センチまでくらいで、中小型のセイゴ、ハネクラスが多いです。もちろん70オーバーのスズキクラスも当たりますが、90%位は、セイゴかハネが当ってくると思います。

この魚は基本的に飽食感が無いです。特に60センチ前後の良型のハネクラスはどうにかすると、茶碗一杯分くらいのエビを一匹で食べている事があります。(コイツ一匹で1000円近く食っているわけです^_^;)

とにかく、エビが乱舞している状態を作ってやれば、漁り散らすような状態になるわけですね。で、こういう状態になれば、食い込みも抜群に良いです。

持ち込むエビが少ないと、こういう状況を作れないわけです。結局、隣で、ガバーとエビを撒く人がいれば、アタリ負けをしてしまいます。(まあ、隣と勝負しているわけじゃないですが・・・)

エビ活かしクーラーの選び方

マキエの仕方等は、エビ撒き釣りの釣り方のカテゴリで触れるとして・・・
エビ活かしクーラーで注意するべき点、選ぶべき点などを書いておきましょう。エビ撒き釣りにこれから熱を上げられる方は、ぜひ参考にして下さい。

出番を待つエビ活かしクーラー
  • サイズは迷わず11リッターを選んでください。
  • 絶対に、内側にネットを張って下さい。
  • エビブクの電池切れには細心の注意を払ってください。
  • ある程度、保冷力のある、専用のものがおすすめです。
  • すくい玉は浮く物が使いやすいです。
  • エサ屋と現場が離れている場合は、35リッターの磯用のソフトクーラー(安いものでOK)があると、移動時に水が漏れても車内が濡れずに済みます。
  • 出来れば竿受けを付けて置けば、ロッドの直置きが無くなって、何かとイイ事がたくさんあります。

エビ活かしクーラーはおおよそ、5リッター、9リッター、11リッターが定番的なサイズだと思います。メバルをメインに釣る場合は一番小さい物でもOkですが、これがハネ釣りになると、持ち込むエビの量が違いますから、なるべく大きな物の方が扱いが良いです。

サイズは11リッターが最も扱いがよいと思います。これ以上のサイズはめちゃめちゃ重くなりますから、力自慢しか持てないと思います。

大量にエビを入れる場合、できるだけ、水はたくさんエサ屋さんに入れてもらってください。これが、重いからといって、水を少なくすると、一発でエビが死んでしまいます。(この釣りは死んだエビでは、釣りにならないです)

内側のネットは、専用の物は付いているはずですが、自作で作る場合、ホームセンターで網戸の中アミを買ってくれば、これが中々良かったりします。実際、私は作った事がありますが、まあ、自己満足の世界かもしれないです。(釣り自体自己満足の世界と言われれば、そうかもしれないですが・・・^^;)

エビブクはナショナルの専用の物があります、防水機能がシッカリしてますから、これがおすすめです。「電池切れは=釣りが終わり」を意味しますから、電池の寿命に自信が無ければ、必ず予備を持って置くようにしてください。エアーホースのチェックなども忘れないように・・・

保冷力は専用のクーラーの場合、殆ど問題無いですが、バケツ型のもので発砲が巻いてあるだけのものは、エビの落ち(死ぬ事)が早いです。夏場は氷を入れるなどして、出来るだけ低温を保つようにして下さい。

エビ撒き釣りは、エビ活かしクーラーにこだわることが、一番の上達の近道と言っても過言ではないです。とにかく活きの良いエビを、現場に持ち込む事を最優先に考えて釣行して下さい。

尚、エビ活かしクーラー内の水は真水ですから、釣りが終わったら、この水でウキを流してやると、潮抜きが出来て、ウキが長生きします。チョットしたことですが、チョットした裏技かもしれないですから、どうぞ参考にして下さい。

エビ撒き釣りのハネ釣り・ロッド選び

エビ撒き釣りのハネ釣りを頑張るには、どういうロッドを何本くらい揃えておけば良いか・・・?

エビ撒き釣りのハネ釣り・リール選び

ハネ釣りのリールは圧倒的にレバーブレーキのスピニングリールが使いやすいですが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ウキ選び

エビ撒き釣りのハネ釣りは、凝りだせばウキには非常にうるさくなります(笑)

エビ撒き釣りのハネ釣り・最も重要な物はエビクーラー

エビ撒き釣りのハネ釣りは、ナンといっても持ち込むエサのエビの活きがキモです・・・


大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?