エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛け

大阪湾の伝統釣法であるエビ撒き釣りのハネ釣りは、どちらかというと、外洋のダイナミックな釣りでは無く、内海の波の静かな所で、あたかもヘラブナを釣るかのように繊細にハネを釣る釣りです。

まあ、潮によっては大人の股下くらいのサイズが食ってきますから、そういう部分は非常にダイナミックな物があるのですが・・・(^_^;)
(あなたの股下、何センチですか?)

基本的な仕掛けを解説してみましょう♪

icon

セイゴ、ハネ、スズキ

水門付近は潮の流れが複雑ですが・・・スズキはご存知の通り出世魚です。関西では下から、セイゴ、ハネ、スズキと成長を重ねますが、関東や中部地方ではハネはフッコやマダカと呼ぶようなところもあるみたいです。最近ではルアーの好ターゲットととして脚光を浴びてますが、ルアーマンからは、もちろんシーバスと呼ばれていますね。

一般の釣り雑誌等では、39cmまでをセイゴ、59cmまでをハネと呼び、それ以上をスズキと呼びます。しかし、私は数千本単位でこの魚を釣りましたが、スズキはやっぱり70cm以上をスズキと呼びたいです。

60cm級の“良型のハネ”にはまだ若さがあり、エビ撒き釣りのエサであるシラサエビも積極的に食いにきます。しかし、これが70cmを超えてくると、もっと大きなエサを好んで食すようになります。

飲ませ釣りなどで掛かってくるスズキは大型が多い事も考え合わせてみると・・・
やっぱりスズキと呼べる立派なサイズは70cmオーバーからと言って、差し支えないと思います。(70超えるとてき面オッサンみたいな面構えになります・・・メスもいるにはいると思いますが・・・笑)

まあ、時折エビも食ってきますから、大型のスズキが欲しければ、フィールドへ通うこと、さらには粘りと頑張りといったパチンコの必勝法のような要素も必要だったりしますねぇ。

それはさておき・・・

ハネ釣りの仕掛け、ハリスは矢引き

基本仕掛け図エビ撒き釣りでハネを狙う場合、右図が基本仕掛けになります。場所によってはハリス部分を1ヒロから2ヒロ(1ヒロは1.5m)ほど取って、段シズを打って狙う所もあるみたいですが、ハネ釣りの基本は矢引き(約80cm)のハリスですね。

矢引きは、丁度矢を引いたポーズの左右の手の間の距離です、一般の成人男性ならば、約80cmの長さになります。(これが矢引きの所以ですね・・・)

ターゲットがごついですから、短いハリスに抵抗があるかもしれないですが、この釣りはタナの取り方が命とも言うべき釣りで、長めのハリスはタナボケに繋がって芳しい釣果が見込めないことが多いです。

ウキやオモリの抵抗で食いがシブいとか言う人もおられますが、マキエサでシッカリとピンポイントにポイントを作っておけば、通常は一発でウキを持っていきます。食いが渋いのはマキエの仕方が甘かったりする場合が多いですから、まあ、基本仕掛けを信じて大丈夫だと思います。

注目するべきはハリスに打ったガンダマですね。

特徴はガンダマと体型に似合わない小針

シラサエビを使った釣りは、ハリスにガンダマを使用する場合が殆どです。これは筏のチヌ釣りなどでも見かける事が良くあります。生きエビの動きを限定する意味ですが、やはりこれが無いと、タナボケのため、アタリが遠いです。

針は、釣れてくる魚にあわすのでは無く、エサのシラサエビに合わせて、細ジクの物を使用します。仮にチヌがよく当ってきたりする場合で針外れが多いような場合は、軸の太いグレ針を使用したりすることもありますが、この場合はエビの付け方をチョン掛けにします。

普通に細軸の針を使う場合はエラ掛けか口掛けでエビを刺したほうが動きが良いので、この方が少し分があるように思います。(まあ、食ってくるときは一緒かもしれないですが・・・)

オモリは遊動タイプのオモリよりも、何故かサルカン付きの固定オモリに分があります。これは何故だか良く分かりませんが、経験則から情報として流します。

図ではウキ止めの糸をカラマン棒の代わりにもしていますが、伝統釣法ですから、こういう場所に気を配ると趣が増します。それ以外に意味は無いです。

ウキをつけるスナップは、SICリングの付いた「スーパーラインスイベルの楕円」と言う釣具があります、これをつけると、シモリ玉無しでウキを遊動で使用できます。まあ、シモリ玉が無ければ仕掛けの落ちも良いですから、手返しが変わってくると思います。

決して釣具屋の回し者ではありませんが、スーパーラインスイベルの楕円は非常に優れた道具です。高いものではありませんから、使った事が無い方は、ぜひ一度使われてみると良いとおもいます。

ハリスの太さは1.5号〜2号としていますが、別に3号でも4号でも、遜色無しに食ってきます。あまりゴツイ仕掛けにして、力を入れてタメるよりも、どちらかと言うと、糸の出し入れで魚を弱らすような釣りですから、このくらいのハリスの方が扱いが良いと思います。

当ページを参考に、ぜひとも良い釣りをなさって下さいね。

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りの基本仕掛けはこれです、この仕掛けからフィールドの状況によって変化を加えていきますが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ハリスを短くする場合

大阪湾に多いスリットケーソン、誰が考えてもこの中に魚は多いと思うと思いますが、確かにたくさんいます。通常のハネ釣り仕掛けが通用しない場合がありますが・・・


大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?