エビ撒き釣りのハネ釣り・ハリスを短くする場合

エビ撒き釣りの基本は何と言ってもハリスの長さが矢引き(約80cm)が特徴的ですが、このハリスを思い切って60cmとか40cmにする場合があります。どういうことでしょうか?

icon

潮がもむ場所でのエビ撒き釣りは・・・

スリットケーソンではハリスを短めに・・・エビ撒き釣りは、エサの重要度で言うと、なんといってもマキエの量と仕方ですが、サシエサの安定性がその次位に重要になってきます。

生きエサですから、エサが跳ねてピンピンしてくれるのは大いにOKですが、広範囲を泳がれると都合が悪くなってきます。マキエを利かせたピンポイントで、バタバタしてくれるのが一番ハネにアピールできて良いわけですね♪

貯木場のように波静かで、あまり流れの無い場所では、普通にハリスを80cmほど取っておけば、安定感も充分です、さらにマキエサでシッカリとポイントを作り切ってしまうと、時合いには安定した釣果が見込めます。

しかし、これが、真夏から秋の釣りなどに多いですが、スリットケーソンのような潮の動きの複雑なポイントを攻める場合があります。こういった潮がもむポイントで、ハリスを長く使用すると、仕掛けが絡んでしまって、釣りにはなりません。

改善策は・・・

そうなんですね、思い切ってハリスを短くしてしまう!

これがベストです。

具体的には払い出しのような潮が厳しい場合は40cmくらいにすると、仕掛けの安定感は増します。まあ、少し短すぎる感じがしないでも無いですから、60cm程度にして、ハリスの中央部分に通常G2からG3を打つガンダマをBにするとかすれば、かなり仕掛けの安定感は増します。ベタ際を釣る場合などは特にですね。

ハリスは短くなると、強度的には若干弱くなります。そこで、短いハリスを使用する場合は、号数を変える必要があります。

ハネという魚は、ハリスが少々太くても、マキエさえシッカリと入っていれば、ほぼ確実に食ってくる魚です。具体的には3号から4号くらいのハリスを使用すれば、バラシの確立も大いに下がると思います。

また、こういった潮がもむポイントでは、使用する針は、ヒネリの入っていないものが扱いがいいです。チヌ針は、ヒネリが入ってますから、サシエサが回ってしまいやすいです。

当ってくる獲物も強烈な物が多く、しかも、足元は飛び込まれるとかなりヤバい形状になってますから、場合によっては渾身のタメをくれてやる必要もあるんですね。(こうなったら、なったで、迫力があって楽しいです(^_^)v)

まあ、おすすめはグレ針を使用して、エビの付け方はチョン掛けですが、ややスリットケーソンから離してポイント作りをすると、ここまで気を使う必要はありません。

知的好奇心を満たす物として、覚えておいて下さいね。

スリットの釣りは、後日、特集で掲載しますので、楽しみにしていてください。

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りの基本仕掛けはこれです、この仕掛けからフィールドの状況によって変化を加えていきますが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ハリスを短くする場合

大阪湾に多いスリットケーソン、誰が考えてもこの中に魚は多いと思うと思いますが、確かにたくさんいます。通常のハネ釣り仕掛けが通用しない場合がありますが・・・


大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?