初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

初心者といえども釣りに行くからには釣りたい!
こんなん当たり前ですね。

防波堤の釣りの場合(って波止釣りに限った事ではないと思いますが・・・)、初心者の人は、常連や古株、ベテランアングラーの迫力?のような物に負けて気後れをしたりする事があると思います。

特に寒バネなど、ある一定の限られた狭い場所が好ポイントになっているような場合、常連に幅を利かせて陣取られると、そういう一級ポイントには中々手が届かないと思います。

初心者であるがゆえに仕掛けを絡ませてしまったり、上手く流せなかったり・・・

これで、常連のオッサン(失礼)に嫌な顔されて、ウザがられたら、せっかくの釣りが台無しですよね。

だからといって、誰も来ないような卦の無い場所で釣りをしていても、やはりアタリも遠いし釣れる確立も低くなってしまいます。(伸び伸びとは出来ますけどねぇ・・・)

何か良い手は無いでしょうか?

icon

釣り自慢を上手く利用する

エビ撒き釣りのハネ釣り釣り好きの人はおおよその場合、「釣り自慢」です!

釣りの事を話しだすと、こっちが聞いてないことまで懇切丁寧に教えてくれることがあります。

しかも、ある程度仲良くなって釣りを教えてもらうと、ポイントを譲ってくれて、「コイツ今日は俺が釣らしてやった・・・」見たいな事まで言い出す釣り自慢?もいます。(^_^;)

初心者の方は、遠慮することは無いです。こういうのを上手く使わせてもらえばイイですネ♪

いやらしい書き方をしてますが、下心を持って接するのではなくて、仲良くなってしまうと、脱初心者も早いし、イイ事がたくさんあると思うんですね。

そのためには、他の人の力を、大いに借りることを考えましょう。

土日の朝一番など、ハネ釣りが大好きな人がたくさん各渡船店に集まりますが、こういうところに積極的に顔を出して、馴染みの客になるようにしてください。(2、3ヶ月も通えば、十分顔を覚えてもらえると思います)

通い出せば、ある程度話も出来ます。渡船店の店主や船頭とも仲良くなれます。

大事な事は・・・、

こちらから積極的に話しかける♪

とまあ、こういうことですね。

釣りの好きな人は、いい年をしていても、人見知りの激しい人とかもいます。乗船前は、他を寄せ付けないような雰囲気を出している人もたくさんいますが、こちらからニコッと笑って「おはようございます!」ってやれば、「ニーちゃん、そう言えば、先週も来てたな・・・、どうやった?」みたいに会話が弾みだすことが一般的です。(^_^)v

話さないから警戒されるわけです。ムツっとしているから、ムツっとし返されるわけですね。ニコッと笑えば、ニコッとされることが普通です!

後は簡単、話を弾ませれば、有力なポイント情報や釣り方のコツなんて物が、マシンガンのように飛び出してきます。教えてもらった通りにやって、結果を出して、お礼をいったりすると、さらに有力情報がバンバン返ってきます。

ホームグランドを決める

エビ撒き釣りの初心者の方は、まずは通える渡船店、釣りエサ店、あるいはフィールドを、決めれるなら決めた方が良いです。

岸和田市・片岡釣りエサ店大阪湾は各所でエビ撒き釣りが盛んですが、何処でも良いです。最寄の釣り業者をひいきにする、これをされる方が何かと都合の良い事が多いです。

情報過多の時代ですから、確かに他のフィールドや渡船店が気になりますが、釣れなくても一定の期間は、同じ場所で釣った方が何かとイイ事があります。これは、有力な人間関係を作った方が、釣りが加速するのが早いし大きいからなんですね。

最低でも1年間、「ここっ!」と決めた渡船店にお世話になる。そこには必ず通いつめた常連の名手の方がおられます、そういう人と仲良しになってしまうと、とんとん拍子で釣りが上手になります。

1ヶ月に一度くらいしか釣りにいけないような人も、回数が少ないからこそ、決め打ちにした方が確率的にもよい物があります。

まあ、エビ撒き釣りって言うのは、3年くらい凝りまくってみると面白いものがたくさんあります。通っている人こそが、大きいスズキクラスを、狙って釣る確立も高いんですね

人間になれてくると、振る舞いも変わってきます。雰囲気が釣果アップに繋がる事も良くある話です。

初心者の方も同じ釣り仲間ですから、臆する事は無いです。ドンドン釣りに行きましょう!

大阪湾の伝統釣法・エビ撒き釣りのハネ釣り

大阪湾の伝統釣法「エビ撒き釣りのハネ釣り」、それはこうして生まれた・・・

初心者のエビ撒き釣り〜その1〜

初心者のエビ撒き釣りを解説します。本項は心構えとメインの釣り具の選び方に注目!

初心者のエビ撒き釣り〜その2〜

最速でエビ撒き釣りが上手になる方法は・・・?他の釣りでも応用が可能です(笑)

初心者のエビ撒き釣り〜その3〜

グレ釣りの名人から学ぶ、防波堤のハネのエビ撒き釣りのキモとは・・・?


エビ撒き釣りの仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りの基本仕掛けはこれです、この仕掛けからフィールドの状況によって変化を加えていきますが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ハリスを短くする場合

大阪湾に多いスリットケーソン、誰が考えてもこの中に魚は多いと思うと思いますが、確かにたくさんいます。通常のハネ釣り仕掛けが通用しない場合がありますが・・・


エビ撒き釣りの釣り具

エビ撒き釣りのハネ釣り・ロッド選び

エビ撒き釣りのハネ釣りを頑張るには、どういうロッドを何本くらい揃えておけば良いか・・・?

エビ撒き釣りのハネ釣り・リール選び

ハネ釣りのリールは圧倒的にレバーブレーキのスピニングリールが使いやすいですが・・・

エビ撒き釣りのハネ釣り・ウキ選び

エビ撒き釣りのハネ釣りは、凝りだせばウキには非常にうるさくなります(笑)

エビ撒き釣りのハネ釣り・最も重要な物はエビクーラー

エビ撒き釣りのハネ釣りは、ナンといっても持ち込むエサのエビの活きがキモです・・・


エビ撒き釣りのハネの釣り方

エビ撒き釣りのハネの釣り方・基本釣り具と装備

エビ撒き釣りでハネを狙う場合の基本釣り具と装備を詳しく解説・・・

冬場に狙うエビ撒き釣りのハネ

冬場のハネ釣りは「寒バネ釣り」と呼ばれ、大阪湾の冬の風物詩の一つです。ヘラブナを釣るような感覚で内海で釣るハネ釣りですが・・・

春先に狙うエビ撒き釣りのハネ

春先のハネ釣りは記録物を出せるチャンスでもあります。寒い時期は水深の無い防波堤のボトム、暖かくなってくると・・・

夏場に狙うエビ撒き釣りのハネ

夏の暑い盛りはハネ釣りはもう一つって言うのが定番ですが、そんなこと無いです・・・

秋・最盛期のエビ撒き釣りのハネ

秋のエビ撒き釣りのハネは一年中で最も良い季節です、どういうふうに釣れば・・・