防波堤からのチヌ釣り

防波堤からのチヌ釣りは釣り方としては、落とし込みやエビ撒き釣り、コスリ釣りや紀州釣り、Mリグなどというルアーに食ってくることもあれば、サビキ仕掛けに食ってくることもあるし投げ釣りでつることも出来きると言う・・・、まあ、何でもやる人にとっては非常に悩ましいターゲットと言えると思います。

大阪湾の防波堤では、落とし込みが最も人気があると思いますが、私の釣りはどっちかと言うと、足を止めてシッカリとポイントを作る釣りを得意としておりますから・・・

まあ、そっち方面の解説をメインにやっていきたいと思います。(^_^)

icon

色々なチヌ釣り

姉妹サイト、爆釣チヌのフカセ釣りから拝借・・・チヌは琉球列島を除く日本各地の磯や沿岸に生息する雑食性の魚類です。

一般的にチヌは視力が良く発達していて音や光に敏感、その上警戒心が強いと言う認識をされている事が大半で、そのため釣るのが少しばっかり難しかったりします。(まあ、慣れてしまえばそんなに難しいターゲットじゃないですが・・・)

落とし込み(ヘチ釣り)やフカセ釣り、あるいはウキ釣りなどで狙う人が大半で、ゲーム性に富み、魚体も3キロを超えてくる大物もいますから、当然この魚には魅力を感じて防波堤に通いまくっている人なんかもたくさんいるんですね。

チヌは春先から梅雨時分にかけて産卵のため浅場に乗り込んできますが、これが「ノッコミ」と言われるチヌです。

ノッコミは大型が多く、引きもそれほど強くない事から、非常に人気があり、四国や和歌山の磯釣りなどではポイントの争奪戦も熾烈になります。

まあ、防波堤の釣りなら、秋口なども大型チヌの絶好期になりますから、のんびりと構えていても通ってさえいれば大型とご対面はそう難しい話ではないんですけどね♪(^_^)v

エサは雑食性と言う事で・・・
まあ、何でも食いますねぇ・・・、チヌだけは・・・(^_^;)

基本的に甲殻類や貝類ですが、時期や場所によってはコーンやスイカなども釣りエサになりますから、そういう点では特殊なターゲットと言えると思います。

私がメインに通っている大阪湾では、生きエビかオキアミがウキ釣りやフカセ釣りではメインのエサになります。

もちろん夜釣りで狙う場合は青イソメ、それに落とし込みで狙う人は岩ガニやイ貝、タンクガニやパイプ虫、それにフジツボなんていうエサもあったりします。(ヘラヘラなんていうのもあるんですが、知ってます?(^◇^))

あまり色々な物に手を出しても、どっちつかずになって良い事はあまりありません。当サイトでは生きエビを使用したウキ釣り、とオキアミを使用したフカセ釣りを解説します。

該当カテゴリでお楽しみくださいね。

尚、チヌのフカセ釣りに関しては、姉妹サイト「爆釣!チヌのフカセ釣り」に詳細解説を入れております。ご興味のある人は覗いて見てくださいね♪

防波堤からのチヌ釣り

防波堤からのチヌ釣りは、落とし込み、ウキ釣り、フカセ釣りと多彩ですが・・・


エビ撒き釣りのチヌ釣り

エビ撒きのチヌ釣りのキモ

エビ撒き釣りでチヌを狙う際のキモはこれだ!

エビ撒きのチヌ釣り・コツ

「チヌは石を釣れ」、特にエビエサに付く秋チヌはこれがキモですが・・・

エビ撒き釣りのチヌ・際釣り

壁を狙うエビ撒き釣り、仕掛けを少し触りますが・・・


フカセ釣りのチヌ釣り

防波堤のチヌのフカセ釣りのキモ

防波堤のチヌのフカセ釣りをする前に、フカセ釣りとウキ釣りの違いを明確にしておく・・・

フカセ釣りのチヌに有力な3つのポイント

防波堤のチヌをフカセ釣りで狙う場合、有力なポイントは・・・