釣りたてのアジを美味しく頂くためのキープ方法

釣りたてのアジは、魚屋で買うアジとはまったく違った美味しさがあります。良型は刺身にして頂くのもOK、小型は天ぷらや南蛮漬けなんていう所も最高ですね・・・

しかし、せっかくのアジもキープの仕方を間違えると、美味しさは半減してしまいます。釣りに慣れている人なら当たり前の事ですが・・・

これから釣りを始められる方、あるいは初心者の方は、まずは魚のキープの方法、これをシッカリと覚えておきましょう。アジの場合はこうします・・・

icon

潮氷で釣れたアジをキープ

潮氷状態のアジメチャ簡単ですが・・・

「潮氷」、こういう風に魚をキープします。

何のことは無いですね、クーラーに氷を一角いれて、水汲みバケツで海水を一杯注ぐだけです。

海水はもちろん塩分を含んでますから、氷と長い時間接触すると、非常に冷たくなります。こうする事で、魚を上手に冷やす事が出来て、鮮度が保てるわけですね。

冷蔵庫で言う「チルド冷蔵」、これが近い状態でしょうか・・・?
(冷蔵庫の事は、あまり良く知らないですが・・・汗)

潮氷はアジはもちろん、サバやイワシなどの釣り物の保存にも最適で、磯釣りではグレなどもこういう風にキープする人が多いです。難点としては・・・

重いです、腰を据えて釣りをするような場合じゃないと、持ち運びは殆ど不可能です。それと、プラスティックを使用した普通のハードクーラーじゃないと、上手く行かないです。

ソフトクーラーが何かと便利な場合などは、潮氷は不向きです。ある程度シッカリと密封した状態を保てないと、氷が直ぐに融けてしまってチルドな温度?が保てないです。

まあ、アジのサビキ釣りは足で釣るような釣りでは無いです。それに、昨今のサビキ釣りはシッカリとマキエサでポイントを作るような釣りが勝りますから、ハードクーラー+潮氷でシッカリとアジを美味しくキープできると思います。

ちょっとした豆知識ですが、知っているのと知らないのとでは、アジの美味しさがかなり変わります。ぜひとも覚えておいて下さいね・・・

防波堤のアジ釣り

防波堤のアジ釣りは、ファミリーフィッシンフでも楽しめる有力な釣りの一つです。

アジの食わせ釣り

梅雨時分からの大阪湾は良型のアジが回る事があります。食わせで狙うと趣もあって・・・

アジのフカセ釣り

防波堤にチヌやグレをフカセ釣りで狙いに行って、アジだらけで釣りにならない・・・、そんな時はいっその事アジを釣ればいいわけですが・・・

美味しく頂くためのアジのキープ方法

釣りたてのアジを美味しく頂くためのキープの方法・・・

竿下を狙うアジのサビキ釣り

防波堤のアジをサビキ釣り、竿下でポイントを作ってドサッとアジを釣るには・・・

飛ばしウキで狙うアジのサビキ釣り

防波堤からのサビキ釣りでは、飛ばしウキを使用したアジ釣りも有力ですが・・・