防波堤のアジ釣り

アジは防波堤の釣りの中では、最も親しみがあって手軽で簡単に楽しめる釣りだと思います。小型であっても非常に美味しい魚で、南蛮漬けやタタキ等、一杯の肴にしても良し、ご飯のおかずにしても良しで、人気のあるターゲットです。

アジの釣りは、大半がサビキ釣りで釣ります。また時期によってはサシアミやシラスを使って食わせで釣ったりする事もあります。(大型が回った場合はこれ有力です♪)

詳しく解説してみましょう。

icon

大阪湾で釣れるアジ

サビキ釣りで釣ったアジ・・・防波堤のアジ釣りは、関西ではおおよそ梅雨時分から11月の後半くらいまでで楽しむ事が出来ます。メインの時期は夏休みの時期ですが、梅雨時分のはしりのアジは良型が多く食味も格別です。

ただ、早い時期は既存数事態が少なく、群れも小さい事が多いです。そのため当たり外れも多いです。しかし、釣果情報にマメにチェックして機敏に釣行を試みればたくさん釣る事も出来ますからぜひ覚えて置いてください。

夏休みの時期のアジ釣りはファミリーフィッシングにピッタリの釣りで、マヅメを狙えば高確立で釣れます。関西では、ポイントを大阪湾ではなく、須磨から明石方面、さらには淡路島といった潮の通りの抜群に良い地域を狙えばさらに確立は上がると思います。ファミリーフィッシングなら、須磨の海釣り公園、平磯の海釣り公園などが超おすすめでしょうか。

ファミリーフィッシングでアジを狙う場合、注意する点は・・・

  • 子供の安全面に細心の注意が必要です。
  • 海釣り公園など込み合う場所では隣のアングラーさんとのコミュニケーションを密にすると快適に釣りが出来ます。
  • 女性を釣りに連れて行く場合はトイレが完備されているかなど、必要な知識があります。
  • あなたが釣っても仕方が無いです、子供や女性に何とか釣ってもらうように頑張りましょう!
  • 場所によっては毒魚の知識が必要です。
  • とにかく、家族に対するサービスであると言う事を心がけましょう。

ファミリーフィッシング、お手軽釣行、マナーや注意点は?

子供の行動は、大人の理解を超える場合があります。また、毎年毎年、海難事故で多くの子供の命が奪われます。

落水すると、防波堤は上がってくる所が無い(あるいは遠い)場合が殆どです。ライフジャケットの着用、また、水汲みバケツのロープで良いですから10m程度のロープを持参する事、そして、クーラーボックスが不測の事態の時にウキの代わりになったりします。特にライフジャケットにはお金を掛けるようにされると良いと思います。

隣のアングラーとコミュニケーションを取るのは、防波堤の釣りでは基本マナーと言って良いでしょう。サビキ釣りでは、あまりバラつくより、固まって釣った方がマキエの効き目も上がります。同じようにサビキ釣りをしているアングラーさんとは近くによって一緒に釣りをされるといいですが、ハネ釣りやチヌ釣りをしている人とは少し距離を開けてあげるようにすると快適に釣りが出来ます。

まあ、難しい釣りをされている方は、基本的に釣りを良く知っている人が多いですから、謙虚にしていれば、いろんな事教えてもらえたりもします。上手く利用しましょう。(^◇^)

トイレの完備は、海釣り公園の場合は常設されていますが、渡船を使用した防波堤の釣りの場合は、定期的に来る渡船にトイレが付いてますから、これを利用するようにします。船頭に一声かけて使用するようにして下さい。

毒魚については防波堤の代表的な毒魚のページを設けています。そちらを参考にして下さい。

とにかくファミリーフィッシングでアジを釣る場合、家族に釣ってもらってナンボです。(こういうサービスが後に利くんじゃないでしょうか・・・、何かと・・・(^_^)v)

こだわったアジ釣りは、私のメインサイトにも詳しく情報を載せています。ぜひ参考にして下さい。
防波堤のサビキ釣り

防波堤のアジ釣り

防波堤のアジ釣りは、ファミリーフィッシンフでも楽しめる有力な釣りの一つです。

アジの食わせ釣り

梅雨時分からの大阪湾は良型のアジが回る事があります。食わせで狙うと趣もあって・・・

アジのフカセ釣り

防波堤にチヌやグレをフカセ釣りで狙いに行って、アジだらけで釣りにならない・・・、そんな時はいっその事アジを釣ればいいわけですが・・・

美味しく頂くためのアジのキープ方法

釣りたてのアジを美味しく頂くためのキープの方法・・・

竿下を狙うアジのサビキ釣り

防波堤のアジをサビキ釣り、竿下でポイントを作ってドサッとアジを釣るには・・・

飛ばしウキで狙うアジのサビキ釣り

防波堤からのサビキ釣りでは、飛ばしウキを使用したアジ釣りも有力ですが・・・