釣りとギャンブルはつながり合っている、と聞くと驚かれるかもしれませんが、実は本当にそうなのです。スピニングリールとベイトリールについて詳しく知っていないと、釣りとギャンブルの類似点をよく理解できないでしょう。この点をおさえておくと、ギャンブルのスロットマシンは、その釣りの動作とまったく同じことだと気づくのです。

釣り人は船で水上に出ると、シートラウトなどといった貴重な獲物を常に追い求めます。一方、ギャンブルにおいても同様に、ギャンブラーは多くの時間を割いてお金になるフィッシュ(カモ)を追い求め、またお金を追い求めて多くの時間を割くのです。また、釣りにおいて貴重な獲物を得るためには、スキルと経験が必要であり、それはギャンブルでも同じことが言えるのです。

リラックスも興奮もできる趣味

ギャンブルと釣り、どちらも同じことの繰り返しではありませんか?どちらもリラックスでき、そしてとても興奮するものですよね?ギャンブルをしていても、釣りをしていても、時間が過ぎるのを忘れてしまうことがよくあります。

魚を釣っている時やギャンブルで遊んでいる時、実際に時間を忘れてしまいます。忙しい時には時間を忘れてはよくないので、本当のところは意見が分かれるかもしれません。ただ、釣りもギャンブルも、これら2つの趣味に(または1つだけでも)費やすことができる時間以上を簡単に割いてしまえるものだ、と言われても驚きません。それだけ熱中してしまうものだからです。

小さなミス1つで状況が一変する

価値あるものを今まさに手に入れよう、というその瞬間に、小さなミスを犯したりちょっと指が滑ってしまって手に入れることができなかった…。そんな経験はありませんか?たとえ小さなミスのせいでチャンスが遠のいたとしても、勝利の瞬間に近づくことは価値あるものを手に入れるためにもう1度トライする、というモチベーションになるものですよね。

これまで述べてきた類似点は置いておいて、釣りとギャンブルの最大の相違点は、ギャンブルはオンラインでできるが、釣りはオンラインではできない、ということだと思います。また、釣りにおいては、目の前に魚がいて、当たりはあるのに掛からない、結局仕方なしにあきらめなければならない、なんていう場合もよく起こります。

まとめ

ここで述べてきた「釣り」と「ギャンブル」の基本的な類似点を考慮すると、ギャンブルと釣りにはつながりがある、ということは自然に思えるでしょう。さらに、ギャンブルとリールを巻く動作に共通する同じ動きの繰り返しを考えると、この2つの娯楽のつながりをもっとよく理解できるしょう。例えば、ギャンブルゲームであるスロットマシンは、同じ動きの繰り返しの最たる例です。ギャンブルも釣りも、獲物を得ることを追い求めてその場に残り、結果時間を忘れてしまうものなのです。